shutterstock_326459696


こんにちは。
フォレスト出版編集部です。


先週土曜日の「朝日新聞」朝刊4面
ご覧になった方はいらっしゃいますか?


写真1 (1)
▲朝日新聞2016年2月13日(土)朝刊4面



広告にもあるとおり、
発売1カ月で
【6刷・3万部】を突破した
「マイブレス式呼吸法」のエッセスをまとめた


呼吸_カバー

『呼吸で心を整える』(倉橋竜哉・著)
定価:本体900円+税


は、おかげさまで
全国各地の書店で売れております。


本当にありがとうございます!


さて、このブログでも、
何度かご紹介している本書ですが、


▼過去の関連記事はこちら
◎【大反響】前向きな「ため息」で、感情に振り回されなくなる
http://forestpub.com/archives/kurahashi-mybreath-release.html

◎【安心してください】「ため息」では、幸せは逃げませんよ!
http://forestpub.com/archives/kurahashi-mybreath-happy.html

◎【検証】「なぜ呼吸で、心が整うのか?」を解明!
http://forestpub.com/archives/my-breath-rankin.html

◎【メソッド付き】効果的な「深い呼吸」をする、たった1つのポイント
http://forestpub.com/archives/deep-breath.html

◎【解明】なぜ「浅い呼吸」より「深い呼吸」のほうがいいのか?
http://forestpub.com/archives/my-breath-sumaho.html


今回は、本書の中から、
「緊張感」を和らげる呼吸法
についてご紹介します。


プレゼン人前で話すとき、
大事な試験前のときなど、
誰でも緊張をするものです。


そんなときは、
手のひらに「人」と書いてなめて飲み込んだり、
2〜3回「深呼吸」をしてみたり、
対処法は人それぞれでしょう。

今度、そんな緊張する場面があったら、
本書で紹介している「マイブレス式呼吸法」の1つ
【ゆるめる呼吸】をやってみてください。


20〜30秒あれば十分です。



「ゆるめる呼吸」のやり方

仝撞曚鬚靴笋垢い茲Δ法¬楡を水平ラインより少しだけ上にします。
息を吸いながら肩を持ち上げます。
これ以上、息が吸えなくなったら「ハァー」と一気に息を吐き出します。
ぢを吐き出しながら、肩をストンと落とします。
イ海譴1〜3回繰り返します。


写真2
▲本書85ページの図版より抜粋



著者の倉橋さんは、次のように解説しています。


 本書で紹介している他の呼吸法は「吐くところ」から始まるのですが、「ゆるめる呼吸」だけは、「息を吸うところ」から始まります。
 緊張感が高まって息が詰まっているときには息を吐くことすら難しくなるので、まずはしっかり吸ってから勢い良く「ハァーッ」と吐き出すことで、息が詰まる状態を解消することができるからです。


また、
「ゆるめる呼吸」をさらに効果を上げるポイント
として、次のようなことを挙げています。


 もしまわりの状況が許すのであれば、息を吐くときに「あ゛ー」と野太い声を出すとより効果的です。
 お風呂に入ったとき、あるいは、ひと口目のビールを飲んだあとに自然に出てくる「あ゛ー」というあの声です。
 おっさんのような野太い、低い響きのある声であればあるほど、効果があります。女性の方も恥ずかしがらずに試してみてくださいね。


なぜ声を出したほうがいいのでしょう?
それについては、
本書の中でご確認ください。



4万人が大絶賛している「マイブレス呼吸法」は、
8つの呼吸に体系化されていますが、
本書では、


今回ご紹介した「ゆるめる呼吸」以外に、
4つの呼吸を取り上げています。


◎数える呼吸:集中力が高まる
◎歩く呼吸:イヤな気持ちをリセットする
◎声を出す呼吸:頭の中に浮かんだ雑念を吐き出す
◎鎮める呼吸:イライラや怒りを鎮める


呼吸と心が深く関連しているメカニズムを説き明かしながら、
それぞれの情動に合わせた呼吸法をわかりやすく解説しています。


全国書店の
【新刊・話題書コーナー】をはじめ、
【新書コーナー】【ビジネス書コーナー】
【心理系コーナー】
などで展開中です。


写真3
▲啓文堂書店仙川店


写真4
▲新タロー書房(東京・日本橋)


写真5
▲ブックスタジオ大阪店


ぜひ本書を見かけたら、
チェックしてみてくださいね。


▼今回ご紹介した本は、こちら
呼吸_カバー
『呼吸で心を整える』
倉橋竜哉・著




1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!



芯観実践講座