shutterstock_149214731


こんにちは。
フォレスト出版編集部です。


「本よりネット記事を読むのに精いっぱいだ」
「本を読みたいんだけど、なかなか時間がない」
「読みたい本を買ったものの、積読状態……」
「本がいっぱいありすぎで、どれがいいのかわからない」


毎日が忙しい私たち現代人が抱える悩みとして、
「本を読む機会があまりない(or減った)」という声を
よく耳にします。


青文字系女性雑誌「mer」の
人気モデル「しばさき」さん
もその一人。


【プロフィール】
◎名前:しばさき
◎生年月日:1991.12.4
◎出身:愛知県
◎職業:モデル
◎Twitter:@saki61204
※写真は、このあとに出てきます。


しばさきさんは、
自称「めんどくさがりで普段あまり本を読む機会がない」
というのですが、
ある1冊の本の「はじめに」を読んだだけで、
一気に心を掴まれたと言います。


その1冊とは……、


発売1年が経った今週月曜日にさらに重版がかかり、
【18刷・15万6000部】
を突破した


写真1 (2)
『「めんどくさい」がなくなる本』(鶴田豊和・著)
定価:本体1400円+税


です。


写真で本書を持っているモデルさんが、
自称「めんどくさがり屋」さんのしばさきさんです。


本書の帯にある
「本を読むのも
 『めんどくさい』あなたへ」
のコピーに響いた(!?)、
まさに読者対象ど真ん中の方とご想像いたします(笑)。




ちょっと難しいそうな顔していますが、
安心してください、
「はじめに」を読んで一気に心が掴まれたようです。





なぜなら、
本書は、行動心理コンサルタントの鶴田さんが、

【行動するのが、めんどくさい】
【人間関係が、めんどくさい】
【何もかもが、めんどくさい】

に対するメカニズムと対処法を、
「効果実証済み」の心理メソッド
を交えながら、とてもわかりやすく解説しているからです。


写真4


  • 朝起きるのが、めんどくさい
  • 会社に行くのが、めんどくさい
  • 化粧を落とすのが、めんどくさい
  • 今夜の献立を考えるのが、めんどくさい
  • 洗濯物をたたむのが、めんどくさい
  • 女同士の人間関係が、めんどくさい
  • あの上司が、めんどくさい
  • 勉強するのが、めんどくさい
  • 溜まったメールを返信するのが、めんどくさい
  • ダイエットのために運動するのが、めんどくさい
  • 明日も1日、めんどくさい
  • 何もかもが、めんどくさい


誰もが一度は思い浮かべたことのある
「めんどくさい」という感情を
スッキリ解消する方法
が満載の1冊です。


【ビジネスパーソン】から【OL】【主婦】【学生】まで、
幅広い層から大反響をいただいている本書が、
今月3月1日より、
人気サイト「美女読書」×TSUTAYA BOOKS
のコラボフェアの1冊に入っているんです。


▼「美女読書×TSUTAYA BOOKS」特設サイトはこちら!



【フェア概要】 ※「TSUTAYA BOOKS」サイトより
フレッシャーズや若手ビジネスマンでも読みやすいビジネス書20冊を厳選しました!
本には、仕事を楽しくするためのヒントが詰まっています。
ふだん忙しくて本が読めない人。
読書が苦手でほとんど読む機会がない人。
"ステキな美女"に思わず目を向けてしまうように、"読書の学び"にも目を向けてみませんか?
美女読書特設サイトでは、20冊のビジネス書の書評記事を公開中です。
ぜひ読んでみてください。

〜美女読書とは?〜
美女読書は、「本で仕事を楽しくする」をコンセプトに、仕事に役立つビジネス書のエッセンスを美女と一緒に紹介する書評メディアです。


【開催期間と店舗】
◎3月1日〜4月30日
◎全国約500店舗のTSUTAYA BOOKSにて
コーナー展開

▼「美女読書×TSUTAYA 社会人応援フェア」実施店舗一覧はこちら!

※TSUTAYAオンラインショッピングでは実施しておりません。
※店舗によって開始日・開催期間が異なる場合があります。
※一部実施していない店舗がございます。




ぜひお近くの「TSUTAYA BOOKS」実施店舗に足を運んで
チェックしてみてくださいね^^


▼今回ご紹介した本はこちら
201511mendokusai_15man_w500
『「めんどくさい」がなくなる本』(鶴田豊和・著)
定価:本体1400円+税



1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!

 

57