shutterstock_278684459

こんにちは。
フォレスト出版編集部です。


「感情に左右されずに、正しい判断ができるようになった」(経営者)
「この呼吸を始めてから、忙しいときも、落ち着いて仕事をこなせる」(ビジネスマン)
「試験で緊張しなかった」(学生)
「出産前の不安や恐怖が消えた」(主婦)
「寝つきが良くなった」(OL)
「ちょっとしたことで怒らなくなった」(ビジネスマン)
「子どもの集中力が高まった」(主婦)
「ダイエットに成功した」(OL)


などなど、
幅広い層の実践者から驚きと感謝の声が続々と届いている
マイブレス式呼吸法」のエッセンスをまとめた新刊


呼吸_カバー
『呼吸で心を整える』(倉橋竜哉・著)
定価:本体900円+税


は、もうお読みいただけましたか?


おかげさまで
発売3週間で
【5刷・2万6000部】
を突破しました。


本当にありがとうございます。


さて、このブログでも、
何度かご紹介している本書ですが、


▼過去の関連記事はこちら
◎【大反響】前向きな「ため息」で、感情に振り回されなくなる
http://forestpub.com/archives/kurahashi-mybreath-release.html

◎【安心してください】「ため息」では、幸せは逃げませんよ!
http://forestpub.com/archives/kurahashi-mybreath-happy.html



今回は、本書の中から
【効果的な「深い呼吸」をする、たった1つのポイント】
についてご紹介します。


前回、
「呼吸」だけに与えられた特別な機能として、

自律神経なのに、
意識してコントロールできる


コントロールするためには、
【自分の呼吸に意識を向ければいい】
とお伝えしました。


▼前回の記事はこちら
◎【検証】「なぜ呼吸で、心が整うのか?」を解明!
http://forestpub.com/archives/my-breath-rankin.html


ただ、
「自分の呼吸に意識を向ける」といっても漠然としていて、
どうもイメージが湧かないという方もいるでしょう。


そんな方に、
とっておきの方法があると、
著者の倉橋さんは言います。


それは……、

とにかく「息を吐き切る」

です。

shutterstock_286039691

それについて、
次のように解説しています。


 息をすることは無意識に行なっていても、「息を吐き切ること」は、意識しなければできません。
 そして、息を吐き切ることに意識を向けているときは、他のことをすべて忘れて、ただ自分の呼吸だけに意識を集中させている状態になります。


では、
なぜ息を吐き切ると、
心が整いやすくなるのでしょうか?


そのメカニズムについて、
【脳科学】の視点から次のように解説しています。


 息を吐き切ると、おのずと深い呼吸ができるようになります。そう、「深呼吸」です。
 呼吸は、私たちの脳や心と密接な関係があります。
 私たちの脳は、その時々の状態に応じて、いくつかの種類の脳波を出しています。
 普段、私たちの脳波は、β(ベータ)波という状態になっています。
 呼吸が浅くて精神的に不安定な人は、γ(ガンマ)波が出やすくなっています。γ波は、興奮状態にあったり、恐怖を感じたときに出てくる脳波です。
 一方、深い呼吸を繰り返すと、脳波をα(アルファ)波に近づけることができます。α波とは、リラックスしていたり、何かに集中して楽しんでいるときに出てくる脳波
す。
 焦っているときに深呼吸して、自分を落ち着かせようとするのは、脳波をα波に近づけるためです。
 深い呼吸で、一時的にα波の状態をつくり出すことができますし、毎日呼吸法を行なうことによって、普段からα波の状態で精神を安定的にすることができるのです。


このような解説を聞いても、
「本当にそうなのか?」と思うかもしれませんね。


では、実際にやってみましょう!
倉橋さんは次のようなやり方を提示してくれています。


「息を吐き切る呼吸」のやり方
  ,罎辰りとフゥーッと息を吐いていきます。
 ◆,發Δ海谿幣綸任韻覆い箸いΔ箸海蹐泙任い辰燭蕁⇔呂鬚罎襪瓩涜を吸ってみましょう。

 息を吐き切るのは、少し息が苦しく感じるくらいのところまでで結構です。がんばりすぎて頭の血管がキレそうになったり、目の前が真っ白になるぐらい苦しくならないように注意してくださいね。


いかがでしたか?

「もう吐き出せない!」というところまで息を吐いてみたとき、
イヤなことやイライラすることをすべて忘れて、
ただ息をすることだけに意識が集中していたのではないでしょうか?


この「息を吐き切る呼吸」は、
本書のテーマであり、倉橋さんが開発した
「マイブレス式呼吸法」の基本になっています。


「マイブレス呼吸法」は、8つの呼吸に体系化されていますが、
本書では、

どこでも誰でも簡単にできる
5つの呼吸を取り上げています。

(1)ゆるめる呼吸:緊張感を和らげる
(2)数える呼吸:集中力が高まる
(3)歩く呼吸:イヤな気持ちをリセットする
(4)声を出す呼吸:頭の中に浮かんだ雑念を吐き出す
(5)鎮める呼吸:イライラや怒りを鎮める


呼吸と心が深く関連しているメカニズムを説き明かしながら、
それぞれの情動に合わせた呼吸法をわかりやすく解説しています。


全国書店の
【新書コーナー】
【ビジネス書コーナー】
【心理系コーナー】
で展開中です。



ぜひ本書を見かけたら、
チェックしてみてくださいね。


▼今回ご紹介した本は、こちら
呼吸_カバー
呼吸で心を整える
倉橋竜哉・著




1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!