◆フォレスト出版 公式ブログ◆

ビジネス書・自己啓発書を中心に出版するフォレスト出版公式ブログ。新刊情報やセミナー・イベントレポートなど、あなたが新しい一歩を踏み出せるための出版社の枠を超えた「役立つ」「面白い」情報を配信!


◆フォレスト出版 公式ブログ◆ イメージ画像

毎日1分間読書!

私はある方法を使って、6億円の宝くじを当てました。 私は、2008年に、ある方法を利用して6億円の宝くじを当てました。それは「占い」です。このように切り出すと、たいていの人は「え?」という感じで目を白黒させます。その反応には、おそらくふたつの意味が込めら
『【毎日1分間読書!】「運」を科学的に上げる実験で、宝くじ1等に当選!』の画像

見返りを求めずに努力できるか?息苦しい世の中です。若い世代ほど、景気が良くなったと言われても、どうにも実感がわきにくいでしょう。お金がないと話にならない、結婚もできない、子供もつくれない、働いても働いても税金や保険料や年金で持っていかれる……。それは自分
『【毎日1分間読書!】さんま「努力は報われると思う人はダメですね。努力を努力だと思ってる人は大体間違い」』の画像

カネボウ化粧品による白斑被害は起こるべくして起こった 祖父が始めた美容大学(現美容科学講座)は、化粧品業界に携わる一方で、プロのための勉強の場を提供しようとはじめたもので、かれこれ60年が経ちました。自社で取り扱っている製品とは一線を画し、一般的な化粧品の
『【毎日1分間読書!】オーガニック化粧品はほんとうに肌にいいのか?美肌を手に入れる、たった「3つのポイント」』の画像

※前回(25 万3200冊を読んだから伝えられる「ムダにならない読書」)はこちら「創造力」のある知的社会人への一歩を踏み出そう多くの人の生活は、ほぼ毎日、同じことの繰り返しです。また、食べる物が少し違ったり、会う人は違ったりするかもしれませんが、そういった違いを
『【毎日1分間読書!】創造力は読書で生み出す…!』の画像

奇跡が起こった後で幸運にも医師としてのキャリアの中で、私は何度も奇跡的な治癒を目撃するという特権に恵まれました。それは1988年、ボストン郊外にある私の診療所へ32歳のインド人女性が診察を受けに来たことから始まりました。彼女は青い絹のサリーを身にまとい、私の前
『【毎日1分間読書!】西洋医学では手に負えなかった乳ガンを癒した、「クォンタム・ヒーリング(量子的治癒)」』の画像

大切なのは、「息づかい」と「イメージ」呼吸で人生の流れを変えるために大切なポイントは、次の2つです。「息づかい(呼吸)」と「イメージ(想像)」です。息づかいとイメージには、とても重要な共通点があります。それは、「無意識でもできるし、 自分の意志で意識して 
『【毎日1分間読書!】ネガティブな思い込みを消し去る呼吸法とは?!』の画像

労働条件の最低基準を定めた法律。これを下回る労働契約は無効労働基準法(以下、労基法)は、多くの人事関連の法律の中で最もコアとなる法律です。労働者を保護することを目的としている法律で、強制法規といい、この法律に反する契約は無効になるという強制力がある法律で
『【毎日1分間読書!】労働基準法とはどんな法律?』の画像

あなたは「意識」で癒される本書『あなたは「意識」で癒いやされる(原題:Quantum Healing 量子的治癒)』が初めて出版された際、そのタイトルは、物議をかもすような見解に基づく挑発的なものでした。その見解とは、心が体に与える影響によって、人は病気にも健康にもなる
『【毎日1分間読書!】ディーパック・チョプラ最新刊『あなたは「意識」で癒される』』の画像

心配や不安がイライラの素(もと)感情には2種類あります。不安、悲しみ、苦痛、ストレス、寂しさ、絶望などは第一の感情です。この第一の感情をもとにして感じるのが怒りです。つまり怒りは第二の感情なのです。たとえば、日が暮れても子どもが帰ってこないとき、「どうして
『【毎日1分間読書!】子どもに怒りそうになったら、「第一感情」を伝えよう』の画像

仕事ができない人は、失敗しても成長しないできる人、できない人の違いは何でしょうか?私は、「日々成長できるかどうか」だと考えています。これは、つまり「PDCAを回せているかどうか」が、できる人とできない人を分けている、と言えます。PDCAは「回す」ものです
『【毎日1分間読書!】仕事ができる人は、PDCAを回しながら成長する』の画像

「音瞑想」とは?普通の瞑想と何が違うのか?音瞑想とは、文字通り、音を使って瞑想する方法のことです。ここで私の言う「音」には、声も含まれています。声も私たちの体という楽器が奏でる至高の音なのです。そして、特有の周波数を使用した音楽なども含め、本書では音瞑想
『【毎日1分間読書!】「音瞑想」とは?普通の瞑想と何が違うのか?』の画像

知的社会人に必要な「知性」「教養」「創造力」を同時に身につけるシンプルな技私は職業柄、常に本とともに過ごしています。文献学者は、文章や言語を扱う学問を行なうので、本と接しながら仕事を進めるからです。こういった背景もあり、読書が好きになり、研究のための本だ
『【毎日1分間読書!】25 万3200冊を読んだから伝えられる「ムダにならない読書」』の画像

↑このページのトップヘ