家族


こんにちは、
フォレスト出版編集部の杉浦です。

カリスマ産科医・池川明先生に
お答えいただいている子育て相談コラム。

今回は、

「5歳になる長男がかわいいと思えない
抱きついてきたり、甘えてこられると冷めてしまう。
3歳の娘については、自然と可愛いという感情がわくのですが……」

というお悩みにたいする回答の【後編】です


小川先生

池川クリニック院長・池川明先生


▼池川先生の回答・前編はコチラ
【わが子がかわいいと思えない私は変ですか?〜前編】
「嫌い」と「愛していない」は違う

また、当時、フォレストブログ史上最高アクセス数を記録した、
池川先生のコラム。バックナンバーはこちらです◎

▼子供に対して、カーッと怒ってしまってもいい!?

▼子どもと親の相性は合わないもの!?



○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。

こんにちは、池川明です。

前回は、
「わが子がかわいいと思えない」というお母さんのお悩みに対して、

「嫌いなままでだいじょうぶであること」
「嫌いと愛していないは違うこと」
「子どもに伝えてほしい3つのこと」

をお伝えしました。

(詳しくは、前回の記事をお読みくださいね^^ )
http://forestpub.com/archives/52201596.html 


そうはいっても、

「子どもを嫌いなままでいいなんて、子どもが傷つくんじゃないの?
成長に支障があるんじゃない?」

と心配される方もいらっしゃると思います。

たしかに、支障はあるでしょう。
じゃあ、どんな支障ならよくて、どんな支障ならよくないんでしょうか?

区別できますか?

支障がないというのは、
お子さんが、なんの不自由もなくスーっと育って、
お母さんの望み通りの大人になる、ということでしょうか?

いろんな困難があっても、乗り越えていくのが人生だとすると、
親子で葛藤を乗り越えていくというのは、親子だからできるんです。

他人ではできません。
他人同士で嫌なことがあったら、別れてしまえばいい。

でも、親子の縁を結んじゃった以上、
何かを乗り越えるという課題に挑戦しているということなんです。

人生にムダなことはひとつもありません。

お母さんもお子さんも、
その状況を自分で望んで作り出しているとしたら、
乗り越えられる力強さがあるはずだし、
乗り越えた先に得られる幸せがあるからこそ、
葛藤を抱えているのではないでしょうか?

社会に出たら、好意的な人ばかりじゃありません。
敵対する人とか、嫌なことを言う人もいるでしょう。
それを家族のなかで練習しているんです。

社会に出て、嫌な人に直面しても、家族のなかで乗り越えているから、
もうお子さんには乗り越えられる知恵がある。

なんのトラブルもなく育ったお子さんが社会に出て、
他人から嫌いなんて言われたら、立ち直るのはむずしいですよ。

でも、そのときに子どもは親の応援がほしいんですね。
社会に出て、応援してくれる人がいればいいけど、
足を引っ張る人ばかりかもしれない。
でも、親だったら、応援できるものです。

存在の受容ってちょっとむずかしいかもしれないですけど、
具体的な行動としては、たとえば、お子さんの話を聞いてあげること

例えば、何かのお子さんの選択が、
お母さんには気に食わないこともあるでしょう。
そういうときは、なぜそれを選んだのか、
お子さんの言い分を聞いてあげる。

十分に聞いたうえで、でもお母さんは嫌なの、というのはありです。

そのうえで、お子さんが、自分で選んだほうにいくのか、
お母さんのやらせたいほうにいくのかは、話し合いですね。

認めてあげるっていうのはそういうことなんですが、
ほとんどの親は聞いていません。

お子さんが話し出したら、
「でも」「だって」「しかし」って遮るんです。

話はちゃんと聞いてあげてください。

また、子どもの言いなりになるのとも違いますよ。
よく、子どもの言うことを認めてあげればいいのかって、
なんでも子どもの言うとおりにやらせてあげる人がいますけど、
これも違いますね。

聞いてあげるのはいいんだけど、
親が嫌なものは嫌だって伝えることも大事。


スタンスとしては、
「あなたがやりたいならやってごらん。失敗しても応援するよ」
です。

「ほらごらん、あんたがやりたいって言って
失敗したんだから、自分のせいでしょ」
って突き放すのはやめてくださいね。


わが子がかわいくないと思ってしまうことを、
「上の子がかわいくない症候群」と言ったりするようですね。

新生児の圧倒的なかわいさに比べると、
ちょっと大きくなった上の子がかわいく思えない、
ということ感情のようです。

産科医の視点から見ても、
それは、あるかもしれないですね。

はじめての妊娠の場合、
ストレスが大きく、妊娠をたのしいと思えない人は多いです。

「お産が怖い」「胎動が痛い」「体形が変わってもう美しくない」とか……。

そういう葛藤のなかで子どもが生まれて、
単純に喜べない人はたくさんいます。

とくに、産後1か月はうつになりやすいですから。

産後1か月の間に、
精神的・肉体的なサポートを受けていると乗り切れるのですが、
ひとりで乗り切らないといけないお母さんはとても多いです。

そうすると、子どもが泣いただけでビクついたり、
なんで泣くのって悲しくなったり。
そうして育った子が大きくなってもかわいく感じられない。

でも2人目は経験しているから余裕があるでしょう?
だから下の子はかわいいっていうのはありますよね。

でも、長男長女は、そういうお母さんの気持ちも織り込み済みで
生まれていきていますから、がんばれる子が多いです。

アポロ宇宙飛行士は全員長男だって話をしましたが、
チャレンジャー精神がある子なわけです。

もし、子どもに愛情が伝わっているか不安なら、
お父さんの力を借りることもできますよ。

「お母さんは、いつも君に厳しくあたって起こるけど、
 お母さんは、君が生まれたとき、
すごく喜んでいて、いつも心配しているんだよ。

 お母さんも君がいるおかげで、がんばれるんだよ」

ってお父さんが言えば、子どもは信じます。


でも、これは、
普段からお母さんがお父さんをリスペクトしている場合に限ります。

「あんな男になるんじゃないよ」って言われていたら、効きませんね。

尊敬しているお父さんから言われたら信じるんだけど、
尊敬していないお父さんに言われたら信じません。

そのためにも、ウソでもいいから、
お父さんはすごい立派なことをしていて、
社会の人の役に立っているんだよって伝えないといけない。

子どもにとって、お父さんがヒーローになれば、
そのヒーローから、
「君のおかげでお母さんは励みになっている」なんて言われたら、
うれしいですよ。

普段お母さんが怒っていても信じます。

「お母さん、
あんなこと言っているけど、僕のことを愛しているんだ」って。

怒りまくっても平気です(笑)

好きとか嫌いとかっていう感情は、
どこからくるのかはわからないけど、
分析できるなら、してもいいですね。

もしかしたら、お母さんが完璧主義で、未熟な子どものことが
受け入れられないのかもしれない。

お母さん自身が、自分のことが嫌いなのかもしれないですね。

顔だったり、性格だったり、
お子さんのなかに自分に似た部分を見つけて、
お子さん自身が嫌いなんだって
思ってしまっているかもしれないです。

否定的なことを
自分とそっくりに子どもがやることが嫌なのかもしれない。

意外と、他人じゃなくて、
自分のなかの問題であることは多いですね。

もし、完璧主義だとしたら、
「まあ、これでいいんじゃないの」って思えたら、
お子さんのことも好きになれるかもしれませんね。

もしかしたら、お母さんと両親との関係が
反映されているかもしれないですね。
こんなにがんばったのに評価されなかった、
という過去があるかもしれない。

女同士だったりすると、お母さんは、娘に女を見るから、
ライバルになることがありますね。

無意識にいじわるしてしまうことがあるようです。
娘がキレイになるのが嫌だから、お化粧を禁止するとかね。

前世が原因のこともあるし、わからないんですよ、ほんとうのところは。

夫の嫌な部分を見てしまうことだってあるし、
昔付き合っていた人に似ているとかね(笑)

原因を探ることはむずかしいです。

でも、ちゃんと育ててほしいなと思います。

ちゃんと育てるというのは、「自立させる」ということ。

子どもが自立するまで育てるのは、親の役目ですから、
自立するまでの面倒はみてほしいですね。

○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。

みなさん、いかがでしたでしょうか?

お子さんにかぎらず、他人の嫌だなと思う面は、
じつは自分にも同じ要素がある、なんていいますね。

他人と付き合う前に、
自分自身としっかり付き合っていく必要がありそうです。

今回の記事が、みなさんのお役に立てましたら幸いです。

次回の更新もおたのしみに!

★☆お知らせ★☆

【男の子?女の子?あなたにはどっちが生まれる?】
発売前にAmazon妊娠・出産部門第1位!

池川明先生の最新刊が、フォレスト出版から刊行されました◎

『男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ
「産み分け」を考えたら読む本』

です。

男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ


 

池川先生から、みなさんにメッセージをいただいていますので、
ぜひご覧ください^^

▼池川先生からのメッセージはコチラ






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








モチベーション維持プログラム