プログラミング

2020年4月から

いよいよ小学校での「プログラミング教育」がスタートします。


では、ここで質問です。


「プログラミング教育」は、

なぜ必要なのか?


この問いに、

あなたは答えられますか?


文部科学省も明言していますが、


小さな子どもたちを対象とした

プログラミング教育の本質は、

プログラマーを量産することではありません。


デジタル技術を身近なものとして

捉えてもらうことにあります。


今後、

AIやロボットと寄り添って暮らすことになる

子どもたちにとって、

デジタル技術は自分の目的を達成するときの

強力な武器になります。


ここで、

あなたはこう思うかもしれません。


人生100年時代、

子どもたちだけではなく、

私たち大人も

AIやロボットと寄り添って暮らすことになる――。


私たち大人も

「プログラミング的論理思考」を

学んでおく必要があるのです。


では、

プログラミングを学ぶのに、

どんな能力が求められるのでしょうか?


現役プログラマーにして、

『プログラミングをわが子に教えられるようになる本』の監修者、

高校でプログラミングの授業を担っている

飛坐賢一さんは次のように語ります。


「プログラミングというと、

数学力が求められると思われがちですが、

これは、大きな間違いなんです」


この大きな誤解を招く原因は、

何なのでしょうか?


飛坐さんは、

『プログラミングをわが子に教えられるようになる本』の中で

次のように語ります。


コンピューターの画面に表示される膨大な数列。

それを見ながら高速でキーボードに命令を打ち込む科学者……。

映画ではこのようなシーンがよく描かれますが、

その影響もあってか「プログラミング=理系」という

イメージを持たれる方がほとんどかと思います。

しかし、それは大きな誤解です。

数学や物理が苦手なプログラマーはいくらでもいます。

むしろ文系のプログラマーのほうが多いくらいです。


では、

プログラミングで求められるスキルは何なのかが、

とても気になります。


飛坐さんは、

『プログラミングをわが子に教えられるようになる本』の中で、

次の2つを挙げています。


◎的確な指示を考え抜く能力(論理的思考力、疑う力、伝える力)

◎与えられた前提条件や課題を正確に読み解く能力(読解力)


この2つの能力を同時に必要とする科目は、

実は「国語」です。


飛坐さんが高校でプログラミングを教えるとき、

最初の授業では決まって生徒たちに


「プログラマーになるために一番大事な授業は英語である。

なぜなら最先端の情報はすべて英語で書かれているから」


と前置きをした上で、


「じゃあ、2番目に大事な授業はなんだろう?」


と質問をするそうです。


すると、

大半の生徒が「数学」「物理」と答える中で、

「国語」と答える生徒はほとんどいないといいます。


1つ目の「的確な指示を考え抜く能力」については、

飛坐さんは次のように解説しています。


コンピューター自体に「判断能力(考える力)」はありません。

コンピューターは別名「演算装置」と言われ、高速で計算をすることは得意ですが、

与えられた命令を愚直に実行することしかできません。

そのため、プログラミングをするときはどれだけ例外的なことであっても、

「AのときはBをしてね」「CがDに変わったらEをしてね」と、

あらゆる状況を想定して明確な指示を書いておかないといけないのです。

「まあ、こんな感じでよろしく。細かいことは任せたよ」

という曖昧な命令では通用しないのです。

「プログラミング的論理思考=とことん考え抜く力=的確な指示を出す力」

というのは、こういう意味です。


もう1つ重要なのが、

後者の「読解力」とは具体的にどういうことなのでしょうか?


これは、

課せられた問題文を読むときの読解力だ

飛坐さんは言います。


◎自分に今何が求められているのか?(ゴールの理解)

◎こんなときはどう行動(判断)すればいいのか?(ルールの理解)

◎どんな手段を使っていいのか?(制約の理解)


これらの認識が1つでも間違っていると、ミスコミュニケーションが起きます。

特にプログラマーは、自分一人でゲームをつくるようなケースを除けば、上司やクライアントがそのプログラムで実現したいことを理解したうえでプログラムをつくるケースがほとんどです。しかも、実際には複数のプログラマーが役割分担をしながら大きなプログラムをつくっていきます。

そのときに、「自分に与えられたゴールやルール、制約を理解できないとチームとして機能しない」ということが、プログラミングを通して学ぶことができるのです。


プログラミングで求められるのは、

「数学力」以上に「国語力」――。


この事実は、

プログラミングの世界を

あまりよく知らない人にとっては、

大きな驚きではないでしょうか?


飛坐さんが監修した

『プログラミングをわが子に教えられるようになる本』では、


プログラミング教育は、

なぜ必要で、どんな能力を求められるのか?


を詳しく解説しながら、


飛坐さんが開発した、

プログラミング的思考を身につけるための

学習キット「プログラぶっく」が付いています。



B-1925_puro_w179

プログラミングをわが子に教えられるようになる本
(郷 和貴 著/プログラぶっく 監修/飛坐 賢一 監修)

 ※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!
 
1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!