『amazon 世界最先端の戦略がわかる』著者

元マイクロソフト社長 成毛眞氏が監訳

ベストセラー『amazon 世界最先端の戦略がわかる』(ダイヤモンド社)において、
アマゾンの理念やビジネスモデル、キャッシュフロー経営、AI技術など、
最新のビジネス感覚や未来の社会を伝えた本書の監訳者・成毛眞氏。

では、世界では、さらに現地アメリカでは、
アマゾンはどのような存在なのでしょうか?

そこでは、eコマースを含めた小売業はもちろん、テクノロジー、
ロジスティクス分野でも最先端を行き、
オンラインからオフラインへの制圧を進める、
貪欲な「創造的破壊者」の姿が際立っています。

日本がこの巨大な「帝国」に駆逐される日は近いのでしょうか――? 
あるいは、彼らと共存する道は残っているのでしょうか?

今、世界におけるアマゾンが最もわかる、
ビジネスパーソン必読の書です。



本書は、あなたのビジネスの終末を知らせる黙示録になるかもしれない。

あるいは、目まぐるしく変化する昨今のビジネス環境を生き延びるヒントや、
新たなチャンスをあなたに与える虎の巻になるかもしれない。

そして一般消費者にとっては、
これまで経験したことのないようなストレスレスで娯楽的な顧客体験を
夢見せてくれるガイドブックとなるかもしれない。(中略)

では、アマゾンという巨大な「帝国」に飲み込まれることなく、
ビジネスを展開することはできるのだろうか?

2019年1月に米国で出版された本書では、
アマゾンの新戦略のみならず、
ライバル企業たちの対アマゾン戦略についても
さまざまな事例とともに紹介されている。

そして彼らの企業努力による成果や失敗から、
帝国に駆逐されないためのヒント、
共存のためにできることがよくまとめられている。(中略)

本書にはトヨタや楽天など、
日本の企業名やそのサービスもいくつか記されているものの、
その登場頻度は欧米や韓国、そして中国の企業と比較して圧倒的に少ない。

日本のガラパゴス化とグローバル市場におけるインパクトの低下を
感じざるを得ないところだ。

しかし、だからこそ本書に記された分析を、
このタイミングで読むことの重要性は高まるばかりなのだ。

ぜひ本書から、迫り来る脅威から身を守るためのヒントを得ていただきたい。

――監訳者まえがきから一部抜粋


B-1894_amazon_w179

『amazon「帝国」との共存』
(ナタリー バーグ 著/ミヤ ナイツ 著/成毛 眞 監修

 
※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!