はじめに より
──なぜ『孫子』はビジネスに役立つのか?


中国古典の『孫子』は
兵法書として最高傑作といわれていますが、
それゆえ現代でも幅広く読まれています。

単に兵法書というだけでなく、
ビジネスの現場で大いに役立つところに
その秘密があります。

『孫子』が書かれたのはおよそ二五〇〇年前。

当時、中国は戦乱に明け暮れ、
そのなかから数多くの兵法書や
思想書が生まれました。

従来の兵法は、
武運によって勝敗は決するという思想が強かったのですが、
『孫子』は、
「人為によって勝敗が決する」と断言。
勝利への道筋を見事に理論立てているのです。

ただ、いたずらに戦争を起こすのではなく、
とてつもない被害をもたらす戦争はできるだけ避けて、
自らの利益だけでなく相手方の利益を最大限に高めること、
平和を求めるのが『孫子』の神髄です。

数多くの戦いのなかから得られた戦略・戦術だけでなく、
徹底的に人間そのものを研究、分析し尽くしており、
そのため、戦場における人間心理が現代のビジネスや
政治といった諸場面にも当てはまるのです。

実際、現代のビジネス現場で
「孫子の兵法」を活用しているビジネスパーソンは
数多くいます。

たとえば、ソフトバンクの創業者で社長の孫正義氏や
マイクロソフト創業者、ビル・ゲイツ氏も
『孫子』を熟読し、
活用しているといわれています。

私はビジネスパーソンや経営者を対象とする雑誌の編集に長年携わり、
数多くの方々に取材してきました。

ビジネスで成功してきた方々です。

その成功の軌跡をたどると、
「孫子の兵法」のノウハウに重なるケースが多々ありました。

その成功者が孫子を意識していた、いないにかかわらずです。


本書では、現代のビジネスや政治、外交の場に応用して
「孫子の兵法」を紹介していきます。

本書のタイトルにある、
もし孫子が現代のビジネスマンだったら、
どんな判断を下し、どのように対応していくのか?

現代のビジネスシーンにおける課題を具体的に取り上げながら、
孫子が課長としてアドバイスしていきます。

本書があなたのビジネスにお役に立てたなら、
著者としてこれほどうれしいことはありません。

B-1892_sonshi_w179

『もし孫子が現代のビジネスマンだったら』
(安恒 理・

 
※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!