はじめに
 ──瞑想よりカンタンなのに、効果テキメンのメソッド

なぜ「視覚」に偏ると、
脳や心身が疲れやすくなるのか?

私たち現代人は、昔の人に比べて
脳や心身が疲れやすくなっているといわれています。

さまざまな原因がいわれていますが、その原因の1つに
私たちの五感の使い方に大きく関係があります。

私たち人間として備わっている五感のうち、
「視覚」に頼りすぎているというものです。

言い換えれば、
五感のうち、視覚を酷使しているともいえます。

ご存じの人も多いと思いますが、
通常、赤ちゃんは、まだ視覚が弱い状態で生まれてきます。
弱いというより、あえて目からの情報を抑えています。

視覚は、五感の中でも多くの情報を取り入れます。

目から入ってくる大量の情報を、
生まれたばかりの赤ちゃんが取り入れてしまうと、
脳が混乱をきたしてしまうからです。

つまり、視覚からの情報量は多い上に、刺激が強いものなのです。

その影響力は、赤ちゃんだけでなく、大人も同じです。

私たち現代人は、昔の人たち以上に、視覚を酷使している環境にあります。
視覚に偏った世界に生きています。
技術の進歩に伴い、テレビにはじまり、パソコン、スマホ、
YouTube をはじめとする動画、近年ではVR(バーチャルリアリティ)など、
視覚を中心とした日常を過ごしています。

この流れは、さらに加速していくでしょう。

本来、人間には視覚以外にも、
聴覚、嗅覚、味覚、触覚が備わっているにもかかわらず、
これら四感をあまり使わず、視覚に頼っているわけです。

視覚は、脳や心身にダイレクトに影響を与えるものです。
情報を取り入れるのに視覚に偏りすぎていれば、
当然ながら私たちの脳や心身は疲れてしまうのです。

昔の人に比べて、視覚偏重の時代に生きている私たち現代人が
疲れやすいのは当然なのです。



現代人は、感性も鈍ってきている!?

視覚に偏りすぎると、
疲れるというデメリットだけではありません。

人間として本来持っている視覚以外の四感をあまり使っていないがゆえに、
四感が持っている従来のすばらしい力が鈍ってきている可能性があるのです。

そもそも、なぜ五感があるのでしょうか?

私たち現代人が頼りがちの視覚以外の四感にも、
人間として必要な役割があるからです。

その1つに、
「感性を育てる」「感性を活性化させる」
といったものがあります。
そう、いわゆる「感じる力」です。

AI時代を生き抜く上で、
人間がAIに負けない能力としても注目をされている、
とても大切な能力です。

感性(感じる力)が鈍ってくると、
自分が本当に感じていることがわからなくなり、
自分に自信がなくなります。

つまり、自分を信じられなくなります。

自信がないから、まわりの人に振り回されやすくなります。

すると、次第に自己嫌悪に陥り、自分が嫌いになってきます。

それが、結果的に自己肯定感を低くすることにつながるのです。

では、自己肯定感を高めるためにはどうすればいいのか?

ここまでお読みいただいておわかりだと思いますが、
視覚以外の四感を研ぎ澄ます必要があります。

私たちが生まれ持っている視覚以外の四感の力を
取り戻せばいいのです。

そこで、私が開発したのが「四感トレーニング」です。


B-1888_yonkan_w179

『自己肯定感が高まる「四感」トレーニング』
(倉橋竜哉・著) 

 
※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!