こんにちは。
フォレスト出版編集部です。

年間3000人以上のリーダーへの
現場指導で結果を出し続けている
人気コンサルタントが、


社会環境の変化に柔軟に対応し、
結果を出すチーム&部下をつくる方法を
完全公開した新刊が発売されました!

結果を出すリーダーほどこだわらない


部下の「価値観」を変え、
望ましい行動に誘導する方法を
完全公開!


今までの常識・やり方が通用しない時代に必読!


【NLP理論】【行動分析学】から導き出した
部下の「価値観」を変えて、
「やりきらせる」技術を徹底伝授します。

ネットやAIの台頭、グローバリズム化、
業界再編、新規競合の出現など、
社会環境が急激に変化し、その勢いは止まりません。

今までのやり方・常識が通用しない今、
その変化に合わせて、
柔軟に対応していくことが求められています。


「進化論」で知られる
ダーウィンは、
次のような言葉を遺しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━
最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き残るのではない。
唯一生き残るのは、変化できる者である
━━━━━━━━━━━━━━━━

これは生物に限らず、
ビジネスの世界でも当てはまります。

ご承知のとおり、
ビジネスの世界の変化は
近年、目まぐるしく変化しています。

数年前まで好調だった企業が、
今では苦境にあえいでいる。

そんな事例は、
業種を問わず、
ビジネスの世界では頻繁に起こっているのが、
今の時代です。

そんな時代を生き抜くためには、
「変化に対応する力」
が必要です。

しかし、
過去の成功体験や常識にこだわって、
なかなか新しい行動ができず、弱体化……。

そんなチームや組織、リーダーは、
これからの時代は、
おのずと淘汰されていくでしょう。


【結論】
生き残るチームや組織の共通点は、過去に「こだわらない」

20190108forestblog

そんな負のシナリオを打破するためには、
チームメンバーや部下たちの
「価値観」を変えていかなければいけません。


では、どのような形で
チームメンバーや部下たちの「価値観」を変え、
望ましい行動に誘導していけばいいのか?

その具体的な方法を
わかりやすく解説した新刊が
ついに発売されました。


《注目の新刊》
『結果を出すリーダーほどこだわらない』
(山北陽平・著)
結果を出すリーダーほどこだわらない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
業態・業種を問わずに通用!
リーダーの性格・部下の個別能力関係なし!
再現性と継続性が高いマネジメント術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

変化に柔軟に対応し、
結果につなげるために、
チームメンバーや部下たちの「価値観」を変え、
望ましい行動に誘導していく。

そのベースとなる
メソッドが「壁マネジメント」です。

このメソッドの主な特徴は、
次のとおりです。

◎業態・業種は問わずに通用する。
◎社員の個別能力、リーダーの性格を問わずに通用する。
◎実践者の9割が結果につながっている。
◎現場主義から導き出されたメソッドなので、
 再現性と継続性が高い。
◎「NLP理論」「行動分析学」から見いだした
 メソッドのため、科学的である。

上記のような特長を持つ
メソッドを活用して、
チームメンバーや部下たちの「価値観」を変え、
変化に応じた「新しい行動」に誘導していく――。

変化の激しい時代に突入した今、
チームや組織が生き抜くために
必要なマネジメント術をわかりやすく解説します。

過去の成功体験や常識にこだわらず、
変化に対応しながら
結果を出すマネジメント術
完全公開した本書は、

全国書店の

【ビジネス書】
【経営・リーダー書】コーナー

で好評発売中です。

maruzenmarunouchihontensama
丸善丸の内本店様 ありがとうございます!


ぜひ、お近くの書店で


本日も最後までお読みいただき、
誠にありがとうございました。


1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!