shutterstock_1175861845

こんにちは
フォレスト出版です。

 

神社のお参りの作法って…?
お参りの水の使い方って…?
縁起の良いお参りの方法は?
お賽銭ってどうやって入れる?
おみくじってどうやって見る?

 

神社に行くことはあっても
意外と知らないことって多いですよね。

 

今回は、大人気の著書
神社でお参りをするルールを学んでいきます。

最強の魔除け


 

一番大事なポイントは「リラックス」

 

あなたがリラックスしていればいるほど、

効果のある神社参りとなります。


そのために重要なのは、実は意外なことです。

 

それは、

「お参りのルールに気を取られすぎない」ということ。


「ひしゃくはどちらの手で持つの?」
「参道はどこを歩けばいいの?」
「お参りの方法は?」......。

 

こんな風に感じるのは
「間違っちゃったらどうしよう」という恐れが
あなたの心の奥底にあるからです。

こまかいルールにとらわれすぎない方が、リラックスでき、
ずっと神波動が入りやすくなります。

 

加えて

1. 「気持ちがいいなあ」「素敵なところだなあ」と、とにかくよろこぶ

2.今、お参りできていること=健康、時間、お金、チャンスに感謝する

この2つができていれば完璧です!

 

 

もう1つのお参り重要ポイントは「聴くこと」

 

神社にお参りに行ったときに、もう1つ気をつけたいポイントが「音」です。


「神社には音を聞きにいくことが目的」と言っても過言ではありません。

お参りの際の気をつけるポイントも合わせてご紹介します。

 


|神殿前はお静かに

家族や恋人、友達同士で行くと楽しい気分になりますが、

神殿前で参拝の順番待ちをしているときは私語を控えましょう。


神殿前の静寂は、
訪れるすべての人に神波動を伝える道をつくります。


その静寂に加わわるとたくさんのご利益が得られるようになります。


 

|神社にある「神音」に耳をかたむけよう
 

神社内で発される音は神音。(しんね)

すべてあなたに高い浄化をもたらします。


手水舎の水音、
玉砂利を踏む音、
鈴・鈴緒、
お賽銭の音、
柏手といった神社ならではの音はもちろん、

そこで聞く風のざわめきや葉音のささやき、

鳥たちのおしゃべりなど自然の音もすべて神音。

 

この音を聞いて
神の振動を受け取るのが神社での目的です。


神社で打つ柏手は特に魔除けの波動を持ちます。

さらに神社ではご祈祷の

太鼓や神楽のメロディが聞こえてくることも。

これらもすべて神様からのウェルカムです。

 


いかがでしたか?

お作法とはいってもまず大事なことは「リラックス」。

著者の日下さんは神社での瞑想もオススメだとおっしゃっていました。


あなたも神社に行くときは試してみてくださいね。



1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!