自分で決めたA君と
周りの基準で決めたB君の根本的な差
 
A君とB君は、
同じ有名中学に入り、
同じ有名高校に進み、
同じ一流大学を卒業して、
同じ一流商社に就職しました。
 
A君は社会に出てから活躍していますが、
B君は途中でうつになり会社を辞めてしまいました。

学歴は同じこのふたり、
いったいどこで何が違ったのでしょうか。

そこでふたりにこんな質問をしました。
「A君は、どうしてこの高校を選んだの?」

「僕は将来、こういう仕事をやりたくて、
そのためにはこういう企業に入りたくて、
その企業に入るためには、
この大学に行ったほうが有利だと思ったので、
そのためにはこの高校がいいと思ったからなんです」
 
B君にも、同じ質問をしました。
「B君は、どうしてこの高校を選んだの?」

「お母さんがこの高校に行きなって言ってたからです。
学校の先生も、ここは君に合うよって教えてくれました」
 
A君は、やりたいことがあって、
そこから学校も自分で決めました。

この傾向を内的基準といいます。

それに対してB君は、
特にやりたいことがあったわけではなく、
進学も就職も、決め手はお母さん基準、学校基準でした。

これを外的基準といいます。

内的基準だったA君は社会に出て活躍し、
外的基準だったB君は社会に出るとドロップアウトしてしまったのです。


自信の決め手となる
自己有能感と自己決定感

自信には、自己有能感が必要です。

自己有能感とは、
行動を起こして目的を達成し、
「自分はできる」という感覚のこと。

でもこれだけではダメなのです。

会社に入るとみんな忙しく、
仕事のトラブルもよく起きます。
 
「部長、トラブルが起きました! どうしたらいいでしょう⁉」
「そんなもんは自分で考えろ!」
 
こんなやりとりは日常茶飯事です。

先ほどのA君は、
内的基準で育ってきたので自分で考えられます。
 
「わかりました、自分で考えて何とかします」
 
こうしてタフに鍛えられていくのです。

それに対してB君は、
誰かに指示を出してもらえないと動けません。

「どうしよう……」

そしてまたトラブルが起きます。

「部長はまた自分で考えろと言うだろうし、
先輩も忙しそうだし……。どうしたらいいだろう……」
 
そんなことが度重なって自信を失い、
うつっぽくなってしまいました。

自信には、自己決定感が必要不可欠です。
物事を自分で決めたという感覚です。

そして、自己有能感と自己決定感が
ワンセットになってはじめて「自信」になるのであり、
自己有能感だけでは「自信」はついてこないのです。


メタ無意識は人生の判断基準となる
 
A君は、
自分がやりたいことを自分で決めて
達成したから自信があります。

一方のB君は、
周りにすすめられたことを選択し、
自己決定感が不足したままでした。

そして、
「この人生はお母さんの望みを叶かなえたものであって、
自分の望みを叶えたものではない」
「これは本当の自分ではない。偽りの自分だ」
という感覚、
「自信がない」
「やりたいことが分からない」
といった前提がつきまとい、
場合によっては人生を立ち止まってしまうのです。

もしB君がもっと早い段階で内的基準になっていたら、
そのあとの進路は全然違うものになっていたかもしれません。

こうして人は、さまざまな判断基準によって、
無意識に日常のささいなことを決定しています。

それがビジネスなり健康問題なりといった
人生の命運を左右していくのです。

この無意識の判断基準を、
私は「メタ無意識」と呼んでいます。 
すごい無意識
 
『なぜかうまくいく人のすごい無意識』
(梯谷幸司・著)

 ※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!
 
1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!