こんにちは。
フォレスト出版編集部です。

『マンガでよくわかる 
子どもが変わる 怒らない子育て』

ですが、おかげさまで7万部を突破、
「怒らない子育て」シリーズとしては、
累計22万部を突破しました。

わが子の人生がかかっていて、
「失敗できない」と感じてしまう
子育てだけに、育児への悩みや疑問は尽きません。

――――――
ママたちはもう十分にがんばっています。

日本は、「母親はこうあるべき」という
理想が高いのです。
――――――

そう語るのは、
10年間で4000人のママの相談にのってきた、
心理学博士の山本ユキコさん。

自身も2児の母親として、
仕事も育児もと奮闘した経験があり、
当時は夫にいつもイライラをぶつけていたそう。

今回、山本さんがそんな自身の経験をもとに、
いかにママが「がんばらない」方が、
子どもにいい影響を与えられるのかを記した、

『子どもが伸びる がんばらない子育て』

をフォレスト出版から刊行しました。

子どもが伸びる がんばらない子育て
▲『子どもが伸びる がんばらない子育て』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

早期英才教育は無意味!
「ママはテキトーな方がいい」は
科学的に証明されている!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、山本ユキコです。

私は1人目の子どもを育てる時、
「子育てもがんばらなきゃいけない」と
努力しましたが、ぜんぜんうまくいきませんでした。

子育ては、あらゆる予定がくつがえされていく
キャンセル地獄。

キャンセル地獄

 

いつもイライラして夫に気持ちをぶつけていました。

何とかラクになれる方法はないかと、完璧は目指さずにがんばらない
子育ての本を読んだり、
発達や遺伝の研究や育児に関するデータを見たりしました。

すると学問の世界では

「子育て中の母親は怒って当たり前」
「完璧は目指さずにがんばらない方がむしろよい」

そんなことが言われていたのです。

 

日本は子育てがしにくいとよく言われます。

いくつか原因があり、
本書でもそれらに触れていますが、
なかでも「母親はこうあるべきという理想が高い」
ことが大きな理由ではないかなと思います。

しかし、そんな根拠のない理想の母親に向かって
がんばらなくてもいいことをこの本で解説しました。

根拠のない理想を捨てることができれば、
きっと、もっと自分らしく幸せになれるはずです。

=================
「子育ての本質を大切にするために、
そのほかはがんばらない」
=================

そんなかしこさをママが手に入れられるように、
この本を書きました。

忙しいママでもサクサク読めるように、
わかりやすくマンガにもしています。

文章を読むのが大変な時は、
まずはマンガだけでも読んでみてください。

まずはマンガだけでも
 

子育てをキチンとしたいけど、
ちょっと疲れてしまっているママたちに
「がんばらない方が子育ては上手くいく」
ことをお伝えします。

どんな早期英才教育よりも子どもの可能性を伸ばし、
ママも子どももすこやかで、幸せになる
「がんばらない子育て」を始めてください。

この本が、母親が幸せでいることに
向き合うきっかけになったら、とてもうれしいです。

手描きPOP
 
▲著者の山本さんが手描きPOPを最終仕上げ!
 漫画家さん描きおろしのイラストが可愛いです◎
 ぜひ、店頭でご覧ください^^

===============================
『子どもが伸びる がんばらない子育て』

山本ユキコ 著/ながさわゆみこ 漫画

▼今すぐ表紙をチェックする
================================


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

フォレスト出版編集部