はじめに

「10か月になるうちの子が笑わない」と、
私が主宰する子育て講座の会場に相談に来たママがいました。

でも、遊んでみると、お子さんは笑うのです。

むしろママの表情が硬く、まったく笑っていません。

子どもが笑わない原因は、
子どもではなく、ママにあるようでした。

がんばりすぎて余裕をなくしてしまったママが、
自然に笑える余裕を取り戻せれば、と思ってこの本を書きました。

私は子どもが生まれる前は、
心理学の研究職をしていました。

思いがけず、国内でトップレベルの研究所に就職した時に
「仕事をがんばらないといけない」と気負いすぎ、
優秀すぎる同僚たちの中で、
そのうちがんばる気もなくしてしまい、
研究職を続けられず辞めてしまいました。

そんな時に1人目の子どもができ
「子育てもがんばらないといけない」と努力しましたが、
これもまた上手くいきません。

いつもイライラして、夫に気持ちをぶつける毎日でした。

何とかラクになれる方法はないかと、
子育ての本を読んだり、
発達や遺伝の研究や育児に関するデータを見たりしました。

すると学問の世界では
「子育て中の母親は怒って当たり前」
「完璧は目指さずにがんばらない方がむしろよい」

そんなことが言われていたのです。

学問的なことを知れば知るほど、
子育てはもっとがんばらないでいいのだと思えてきました。

そんな話を自分の体験もふまえて、
子育て中の親や保育士向けの講座として行うようになりました。

すると次々と依頼が舞い込み、
10年で4000人以上が受講してくれました。

子育ての本質を大切にするために、
そのほかはがんばらない。

そんなかしこさをママが手に入れられるように、
この本を書きました。

子育て中でも読めるように、
わかりやすくマンガにもしています。

文章を読むのが大変な時は、
まずはマンガだけでも読んでみてください。

私は、子育て中の大変だった時に
「子育ての本質をわかりやすく教えてくれる先生が、
保育園にでもいてくれたらよかったのにな」
と思っていました。

なのでマンガでは、
保育園の面談にきた、ちょっと気になるママに、
園長先生がいろいろ教えてくれる形にしています。

子育てをキチンとしたいけど、
ちょっと疲れてしまっているママたちに
「がんばらない方が子育ては上手くいく」ことをお伝えします。

どんな早期英才教育よりも子どもの可能性を伸ばし、
ママも子どももすこやかで、幸せになる
「がんばらない子育て」を始めてください。

心理学博士 山本ユキコ
子どもが伸びる がんばらない子育て
『子どもが伸びる がんばらない子育て』
(山本ユキコ・著)
 
※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!
 
1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!