「良い波動」と「悪い波動」の違い

見えない人たちは私たちに
「緊張」や「安心」の振動で、それが必要か、
やめた方がいいかなどの信号を送ってきます。

名前のついているものはすべて振動を持っています。

私はそれらが発信している振動を感知することで、
何を伝えようとしているかがわかるようになりました。

その振動は波動とも言います。

発信されている波動には
「良い波動」と「悪い波動」があり、
「良い波動」は良いエネルギーとなり、
「悪い波動」は悪いエネルギーになるということを知りました。

良いエネルギーとは、私たちを成功、幸せ、
豊かさへ導こうと奮闘する神様や天使、ご先祖様などの力。
また、それらと共振するエネルギー。

一方、悪いエネルギーとは
私たちの足を引っ張り挫 折させようとするエネルギーです。


悪のエネルギーにおかされるとき

この地上の空気中には良いエネルギーと
悪いエネルギーが飛び交っています。

まるで花粉みたいに、
目には見えないけれど想像を絶する量です。

花粉症の人とそうでない人もいるように、
それらのエネルギーの影響の受け方は
人それぞれ違っているわけです。

悪の波動、悪いエネルギー体は、
私たちにいろいろなことをささやきます。

「生きることは、バカバカしいこと」
「正直者として生きるなんてくだらない」

犯罪に走りそうになってしまうとき、
「みんなやってることだよ」
「人に嫌われるようなこと、しようぜ!」

時にはだれかに対して、
「徹底的に傷つけてメンタル破壊しちゃえ!」
など心ないささやきで誘導をかけてきます。

そのささやきに引っ張られてしまうと、
ケンカ、パワハラ、モラハラ、犯罪、
ひいては戦争などにつながっていく悪の粉でもあります。

「私はそんなことに惑わされるわけがない」と
あなたが強く思っていても
人間というものはとても繊細にできています。

元気なときは、
はねのける力がきちんと発揮されますが、
残業続き、介護、育児疲れ、あるいは人間関係や
仕事の失敗などで落ち込んでいたりするとき、
いつも張られているバリアが崩れてしまいます。

そんなスキマからこの悪のエネルギーは入り込んできます。

そうなるとそちらの方へ
知らずに引きずられていってしまう
ということが起こるのです。

悪のエネルギーを阻止できるかどうかで運気は変わってきます。

空気中に飛びかっているエネルギーの存在や
動きを知っていることで、
悪を阻むバリアを強固にし、
運気を上げていくことができるのです。

それはあなたにとって
大きな大きなアドバンテージとなるでしょう。


「悪のささやきに勝つ柏手」

ふとした瞬間に突然やって来る「悪のささやき」。

「だれも見てないし手をぬいちゃえ」
「まじめにやるだけバカらしい」

……普段の自分からは考えられないような
邪悪な考えが浮かんできます。

「ダメダメ」と追いやろうとしても、
疲れや忙しさなどで万全の状態でないと
魔に飲み込まれそうになります。

そんなときにおすすめなのが柏手です。

パン!! パン!! 

と大きな音で柏手(かしわで)を打ちましょう。

手をたたいたときの強い振動が邪気を追い出し、
神エネルギーとつながることで魔を突き放します。
最強の魔除け
 『成功する人が知らずにやっている最強の魔除け』
(日下由紀恵・著)
 
※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!
 
1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!