まえがき
「だれでも幸運の星を頭の上に持っている」

自分から不幸のタネをたぐり寄せる人がいます。

AとBの2つの選択肢があって、
考えに考えた結果、
必ず悪い方を引いてしまう人。

普段バッグのなかに折りたたみ傘を入れているのに、
たまたま置き忘れたときにかぎって雨に降られてしまう人。

良かれと思って他人に言った言葉が
いつも誤解を招いてしまう人。

これらはすぐに生命の危機に立たされるわけではないので、
まだいい方かもしれません。


突然つきつけられる「死」

街を歩いていると、
死神がついている人と遭遇することがあります。

「早くなんとかしないと死の淵ふちへひっぱられてしまう!」
と心配するのですが、見ず知らずの人に
いきなり話しかけるわけにもいきません。

突然やって来る重い病気の宣告。

明日のことも考えられず、
死んで早くラクになりたいと願うような心の闇やみ。

健康には人一倍気を使っていたのに、
なんの落ち度もなくやって来る不慮の事故。

死神につかれてしまうとあっという間に、
「死」を目の前につきつけられるのです。

なぜこんなお話をするのでしょう。

それはあなたをただ怖がらせるためではありません。

「悪」「邪気」「死神」……
これらをこの本では「魔」と呼びますが、
こういった良くないものの正体を知り、
良くないことが起こるメカニズムを知ることで、
寄せつけないようにすること(=魔除け)が
だれにでもできるようになるからです。

あなたには、ぜひそのことを知ってもらいたいのです。


次々とやって来る不幸と魔除け

そんなことを言っている私にだって「魔」は突然やって来ます。

家のなかで、だれもいない部屋から毎晩足音が聞こえる。
ある日突然、家中の水道がいっせいに破裂する。
想像もしなかったところから請求書がいきなり送られてくる。

これ、すべてこの1年のうちに私の身に降り注いだことです。

普段、ひとけのない田舎の
ポツンとした一軒家に住んでいるので、
こんなことが起こるとパニックです。

「きゃー」と大きな声がでて泣いてしまうこともあります。

それでもめげずに、ちょっと一息ついて
浄化につながる魔除けのステップを確認します。

そうすれば、魔はほどけ、
天界とつながりきちんとした解決策があらわれてきます。

もしかすると「魔除け」というと、
おまじないのようなものを想像するかもしれません。

でも「おまじない」だけではなく、
もうずっと前から私たちの生活のなかに
取り入れられている魔除けの方法がたくさんあります。

また、この本では私が神様から聞いた
効果バツグンの魔除けの方法についてもお話ししていきます。


「毎日うまくいかない」「もう死にたい」……

この地上に祝福されて生み落とされたあなたが
そんなふうに思う必要はありません。

邪気を払い、魔を遠ざけることで
本来のあなたの姿を取り戻すことができるのです。
最強の魔除け
『成功する人が知らずにやっている最強の魔除け』
(日下由紀恵・著)
 
※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!
 
1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!