50代は「本当にやりたいこと」と向き合える
犧埜絖瓩砲靴騰犧蚤膈瓩離船礇鵐垢了期。

ここまで、「仕事で力を抜きなさい」
と思われてしまうような論調でお話ししてきたので、
今までの私の著書を読まれた方々は、
少し驚きがあったかもしれません。

ただし、私が言いたかったことは、
50歳以降は仕事への熱意を下げなさい
ということでは当然ありません

50代になると、定年なども少しずつ近づいてくるので、
仕事の終わりの時間が見えてくる時期でもあります。

しかし、よく考えてみると
50代とは、若い頃のようにはいきませんが、
まだまだ気力も体力も余裕がある時期でもあります。

これが60代ともなるとなかなかそうもいきません。

私が定時で帰ろうとすすめた大きな理由が、
ここにひとつあるのです。

それは、定時に帰って、自分の時間をつくることが、
あなたの人生において非常に重要だからです。

まだ、心身ともに余裕があるときに、
「本当に自分のやりたいことはなんだろう」と
考えてみてほしいのです。

仕事にやりがいを感じているから
定年まで今の会社にいて働くのか、
それとも生涯現役を目指して雇用延長を目指すのか、
定年退職して自由な人生を生きるのか、
副業を始めるのか、
早期退職をして今とは違う夢を追いかけるのか……。

つまり、第二の人生を考え始めてほしいのです。

それで、今の会社でバリバリ働きたいのならそうすればいいですし、
新しく事業を起こしたいと思えばそうすればいいのです。

人生は一度きりなので、
自分の仕事人生に後悔しないために、
一度「自分はどうしたいのか」
じっくりと考えてみてください。

50代になると、
子供も自立し始めているはずですし、
会社をやめるにしても、
自分の気持ちを大事にするにも、
最大のチャンスの時期なのです。

多くの人は、
自分のためだけに仕事をしているわけではなく、
自分の周りの人との関わりを大切にしながら
仕事をしてきたことでしょう。

だからこそ、
50代というふと落ち着けるこの時期に、
「自分が今まで培つちかってきた知識やスキル、経験、人脈で、何をやりたいのか」
を考える時間をどんどん増やしてほしいのです。

定年まで頑張るにも、副業を始めるにも、
新事業で勝負をかけるにも、この50代で
しっかりと自分の頭の中を整理しておくことが大切です。

70代後半で出版社をつくった人もいます。

玉川長雄さんという方は、70歳を超えて、
小型チューブポンプの開発・製造を手がける会社を立ち上げ、
日本やアメリカで多くの特許を取得されているようです。

なんとNASAも実験用に、玉川さんの会社の
小型チューブポンプを数台購入したのだそうです。

このように、
第二の人生に遅すぎるということはないのですが、
この一番余裕のある時期に、
自分の仕事人生の行く末を考えておかなければ、
うまくいくこともいかなくなります。

私の周りには、第二の仕事人生を
50代から歩み出した人が多くいます。

私は本業の歯科医に一生をかける価値があると考えていますが、
大学で教えたり、本を書いたり、セミナーをしたりと、
いくつかの仕事も持っています。

生き方は人それぞれです。

この機会に一度、
自分の仕事人生について真剣に考えてみてください。
50代からのちょっとエゴな生き方
 『50代からのちょっとエゴな生き方』
(井上裕之・著)

※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!