もう、若い人、ライバルと張り合わなくていい。

50代からは、
自分より年の若い人やライバルと、
張り合うことを少しずつやめていきましょう。

少し仕事の数字(結果)から離れて、
俯瞰して自分の存在意義を見つめ直すことが
必要になります。

若手の突き上げ、ライバルの大成……、
これらは50代になると気になってくるものです。

このストレスは大きなものとなりますが、
ちょっと視点をずらすと、
あなたの心はずっと楽になりますし、
数字を上げるよりも評価されることにつながります。

一社会人、そして経営者として
私が50歳を過ぎて感じているのは、他者と競うよりも、
「自分の存在自体を、周りに喜んでもらうためには何ができるか」と
考えることに意味があるということです。

50代になったあなたの最大の価値は、
今まで積み重ねてきた経験です。

経験を積んできたあなたには、
数字に追われている人、
若さで頑張っている人にはない、
社会人としての落ち着きが身についています。

今どんなポジションにあったとしても、
自分のためより、相手のためという意識を持って仕事をすれば、
社内外から信頼を得ることができますし、評価されます。

他者に安心感を持ってもらうために考えて行動する、
これが大事です。

たしかに、結果を出すことは大切ではあるので、
目の前の仕事に打ち込むことも大切です。

しかしそれ以上に、
50代になったあなたが評価されるためには、
社内外の関係者、さらには、
お客さまに安心感を与えられるかどうかにかかっています。

この人がいると安心できる。
この人がいるからこの会社を信頼できる。

こういった、数字には表れないところに
意識を持てる人こそが重宝されるようになるのです。

何か困ったときは相談に乗ってくれて、
解決策を教えてくれる。

誰かがトラブルを起こしてしまっても、
その人の立場になってものを考えられる。

こういうことができるようになると、
経営者でも、一会社員でも、あなたの価値は高まります。

何か問題が起こったときに、
会社のために時間を費やしてくれる社員は特に、
貴重です。

たとえば、不平不満を解消してくれる
調整役になれる人のことを、必ず経営者は評価します。


経営者に安心感を与えられる社員は大切にされるものです。

どんな立場でも、50代からは、
他者のために「自分には何ができるのか」と考えて
動く調整役になることで、あなたの存在は大きくなっていきます。

これは、数字を出すことに躍起になっている人、
若い人にはなかなかできない役割なのです。

特に、30代、40代では経験がまだ浅い部分もあり、
どうしても正しさだけで物事を捉えて
考えがこりかたまってしまうので、なかなかこの視点を持てません。

大きなことをしようとする必要はありません。

会社やお客さまの小さな問題を
解決してあげられる人になればいいのです。

小さな問題を解決するということは、実は、
大きくなる可能性のある問題を未然に防いでいるとも言えます。

「会社がうまくいくには?」と考えたときに、
その答えは、ベテランが小さな問題を取り除いてくれることです。

信頼できる人物、そして、
他者に安心感を与えられる人物。

この2つを兼ね備える人こそ、
50代からは評価されていくのです。
50代からのちょっとエゴな生き方
『50代からのちょっとエゴな生き方』
(井上裕之・著)

※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!