はじめに

50代になると、
40代までははっきりと見えなかった現実が、
目の前に浮かび上がってきます。

仕事、お金、人間関係、健康、このままでいいのか−−。

避けられない多くの問題に直面し、
心配事や悩みを抱えている人が多くいるという事実があります。

その一方、幸せで、満ち足りた日々を過ごしている
颯爽とした人も多くいます。

前者と後者、あなたの人生は今どちらでしょうか。

「この差は牴燭琉磴き瓩ら生まれるのか」
ということがわかれば、
多くの人が後者になることができると考え、
今回執筆を決めました。

後者は前者よりも、
少しだけ自分のエゴを通して、
自分を大切にしています。

これは、ちょっとした勘所どころを知れば、
他人に迷惑をかけることなく、
自分の心配事を小さくすることができる、
50代に与えられた特権だと言えます。

この特権をうまく使いこなしましょう。


50代の特権−−
そろそろ、ストレスを手放し、自分を大切にしていい

私も50代の後半になり、臨場感を持って
あなたと同じような現実と向き合っています。

みな同じような悩みを抱えていますので、
同じ世代の悩みをあぶり出してみましょう。

どんな現実に直面するのかがわかれば、
それをうまく処理する術の多くは、
すでに先人たちが持っていますので、
心も楽になるはずです。

後が楽ですので、
ここで50代の現実を見つめてみましょう。

50代になれば、親は70、80代となり、
介護に労力と時間が消耗されます。

子供が独立し始める時期ではありますが、
大学などの教育費がかかる人もいますし、
家のローンがある人もいて、
若い頃のように金銭的に苦しい人が多いものです。

仕事をやめるまでに稼ぎ出す金額がおおよそ見えてくるので、
老後のお金に不安を感じざるを得ません。

仕事では、役職定年となる人も多く、
元部下に使われたり、現場の第一線から退き、
居場所がない人もいます。

さらに、若手の突き上げやライバルの大成で
大きなストレスを感じる人もいます。

経営者や地位がある人、第一線で働く人も、
スピードや体力まかせの仕事がなかなかできなくなります。

また、50代での転職は困難です。

体は疲れやすくなり、スッキリしない日が続きます。

体形が変わり、体が重くなり、肩や腰、膝など
あちこちにガタがくる人も多くいます。
病気が気になりだすのもこの時期です。

さらに、50代ともなると、それなりの知性や教養、
品格を兼ね備えていなければ、軽く扱われてしまい、
精神衛生上よくありません。

同世代の人々との格差がでてくるのも、この時期です。

このように、50代は、40代までとは違い、
あきらかに多くのストレスを抱える危険があるのです。

ストレスを抱え続けて日々を過ごしていれば、
うまくいくこともうまくいきません。

散々、50代の悩みをあぶり出しましたので、
少々ショックを受けた人もいらっしゃるかもしれませんが、
悲観しなくても大丈夫です。


「無常」を意識し、ちょっとエゴに生きよう

本書では、このように自分を消耗させる
心配事や悩みを解消し、幸せな価値ある人
生を生きるための指針となることをお話ししていきます。

ストレスを手放し、自分を大切にして、
人生を楽しむ術を書きました。

あなたは今まで、力の限り頑張ってきました。

家族やパートナーのため、会社のために
あなたは身を粉にして貢献してきました。

その頑張りは相当なもので、
あなたに何かを与えられた人は、
心のどこかで必ず感謝しています。

そこで、私が言いたいことは、
あなたには、そろそろ自分を大切にして、
人生を楽しみながら生きる権利があるということです。

ちょっと自分本位に生きても、誰も文句は言えません。

嫌なことをやめて、少しわがままに生きる権利が、
50代にはあるのです。

あなた自身が人生を楽しむ時期に差しかかっています。

心配事をうまく消化し、幸せに過ごしている人はみな、
自分のエゴで生きている部分があるのです。

あなたにも、そうする権利がありますし、
いや、人生は一度しかないので、そうしなければならない
ということを本書でお話ししていきます。

私は今まで20代、30代、40代と年代別に
『やるべきこと、やってはいけないこと』
という内容で本を書いてきました。

おかげさまで、好評のシリーズとなり、
今回は私と同世代の50代の人々に向けた本を書くことができて
本当に嬉しく思います。

『50代からのちょっとエゴな生き方』は、
これまで書いた本の中でも最も気持ちを込めた本です。

なぜなら、50代ともなると、
人生の終わりまでの時間が見えてくるからです。

つまり、「無常」を意識せずにはいられません。

「人生はいつも死と隣り合わせである」
という、無常を意識しながら生き始める重要な時期なのです。


視点が変われば、
お金、人間関係、仕事、健康の心配事がどんどん小さくなっていく

本書では、50代を価値あるものにして、
60代以降も満足いく人生を送るための
備えができる内容になっています。

仕事の章では、
「役割を変えて評価され、ストレスを手放していく方法」を。

お金の章では、
「残す、貯めることに執着し、つらい状況になっている人に向けて、
自分の感情に投資して、お金の不安を消す方策」を。

人の章では、
「距離感をコントロールして、人間関係をシンプルにするコツ」を。

学びの章では、
「人生の最大のリスク管理である狠寮瓩鉢犇詰椨瓩遼瓩方」を。

品格の章では、
「軽く扱われないための魅力の高め方」を。

健康の章では、
「ストイックさ不要の疲れにくく、病気にならない体づくり」
についてお話ししました。

どれも、50代には欠かせないことです。

「全体を愛することは、自分を愛することである」
パスカルは、こうも言っています。

今までより、ちょっと自分本位に生きて、
自分を大切にすることで、自分にも周りにもいい効果が生まれます。

ぜひ、この指針を知り、人生を楽しんでください。

あなたは、今までよりもちょっとエゴに生きていいのです。

井上裕之
50代からのちょっとエゴな生き方
『50代からのちょっとエゴな生き方』
(井上裕之・著)

※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!