はじめに
──スーパーで買える犂訴
ひとふりが心身を元気にする


スパイスのもう1つの顔

「スパイス」と聞いて、あなたはどんなイメージを持ちますか?
「スパイスと言えば、カレーだよ。インドだね」
「味をおいしくする調味料。肉や魚の臭みを消すときにも使うかも」
「とにかく辛いものでしょ? 私は辛いものは苦手……」
「色や香りが食欲をそそるよね〜」

などなど、スパイスに対するイメージは人それぞれでしょう。

ただ、みなさんにぜひお伝えしたいことがあります。
それは、みなさんが持っているスパイスに対するイメージは、
スパイスの特徴の一部分にすぎないということです。

味はインド風になるだけではありません。

イタリアン風、中華風、フレンチ風、メキシカン風など、
スパイスを活用した味のバリエーションはとても豊富です。

スパイスは辛いものだけではありません。
辛くないものもたくさんあります。

そして何より、スパイスには、
料理をおいしくしたり、見た目をあざやかにしたり、
食材をより食べやすくするだけでなく、

「体・心の不調を整える」、つまり、私たちの心身の健康に
大きな効果をもたらしてくれるという特徴があるのです。

この本では、スパイスの大きな特徴である
「健康・美容」効果をクローズアップして、
スパイスを活用した健康法をお伝えしていきます。


スパイスが持つ薬事効果を活用する方法

詳しくは本書の中で詳しく解説しますが、
スパイスは、医学が発達する前から
世界中で薬として活用されていました。

いわば、薬やサプリメントのルーツともいえます。

スパイスの主な薬事効果には、次のようなものがあります。

◎便秘改善
◎胃腸トラブルの緩和
◎腸内環境の調整
◎体内の解毒作用
◎糖尿病の改善(減糖効果)
◎自律神経失調症の改善
◎血流をサラサラにする
◎むくみ解消
◎関節痛・偏頭痛の緩和
◎ホルモンバランスの調整
◎認知症防止
◎二日酔い防止(肝機能の向上)
◎更年期障害の軽減
◎うつ病からの回復
◎ダイエット
◎美肌

などなど。
ここで挙げたのはほんの一部です。

日本でスパイスと聞くと、
一般的には冒頭に挙げたぐらいのイメージしかないかもしれませんが、
ヨーロッパやアジア各国では、食文化はもちろん、
健康・美容文化にも根付いています。

わかりやすいところでいえば、
インドの健康・幸福の哲学「アーユルヴェーダ」には
スパイスは欠かせないアイテムであることはご存じの方も多いでしょう。

ちなみに、スパイス消費量世界一のインドには、
認知症患者がほとんどいないという研究結果も出ています。

日本でも、スパイスを「セカンドサプリメント」という感覚で、
毎日の食生活に取り入れていけば、
もっと健康で豊かな人生が送れると思うのです。

しかもスパイスがいいのは、処方箋などは要らず、
近所のスーパーで手軽に入手できる点です。

私は、スパイスを「スーパーで買える漢方」だとお伝えしています。

そんな手軽で、いつもの食事にふりかけるだけで
体に溜まった毒素を出し、心身を元気にしてくれる
スパイスを活用しないのは、とてももったいないと思いませんか?

この本では、わざわざ特別に料理をしなくても、
簡単にスパイスを取り入れて健康な心身が手に入る
「スパイス生活実践法」をお伝えしていきます。


20年以上に及ぶ研究・実践に基づいた方法

申し遅れましたが、ここで私のことをお伝えさせてください。

私は現在、湘南・茅ヶ崎でインド料理店を営みながら、
スパイスコーディネーターマスターとして、
業界内外でのスパイスのさらなる普及と、使用法の啓発、
新しい活用法、楽しみ方などの指導を行なっています。

スパイスの研究・実践は、20年以上になります。

私のビジョンは、
「日本にスパイス文化を浸透させ、スパイスで世界をつなぐ」

この本は、その1つの挑戦でもあります。

この挑戦に対して多大な応援してくださっている方が、
本書の監修を引き受けてしてくださった武政三男先生です。
私のスパイス研究の師匠でもあります。

武政先生は、スパイスコーディネーター協会の理事長として
スパイス活用の普及に努め、日本国内はもちろん、
欧米諸国のスパイス研究者に高く評価されている、
日本におけるスパイス研究の第一人者です。

そんな武政先生の世界最高峰の研究資料をベースにしながら、
スパイスの健康・美容活用術をまとめたのが本書です。

第1章では、
スパイスとハーブの違い、スパイスに対する日本人の勘違い、
スパイスの主な働き、スパイスの歴史など、
スパイスの全体像をお伝えしていきます。

「そんなウンチクより、早く健康法を知りたい!」という方は、
第1章を飛ばして第2章から読み始めてもOKです。

第2章では、
スパイスが持っている主な薬事効果ごとに、
どのようなスパイスがどのようなメカニズムで
私たちの心身に効果をもたらしてくれるのかを
詳しく解説しています。

第3章では、
近所のスーパーでも入手でき、使い勝手が良く、
健康効果の高いスパイス14種類を厳選して、
それぞれの特徴や活用法を図鑑的にまとめました。

第4章では、
使いかけのスパイス活用法や保存法など、
スパイスを使いこなすための基礎知識を中心に、
ブレンドスパイスをつくって、複数の薬事効果を一度に
効率的に取り入れるためのブレンドスパイスのつくり方や
スパイス活用簡単レシピも紹介しています。

知識ゼロの方はもちろん、
すでにスパイスを活用している方にも
ご満足いただける内容になっています。

この本を通してスパイスの健康効果を知り、
日常の食事に取り入れ、あなたの心身が元気になるのなら、
著者としてこれほどうれしいことはありません。

2018年7月 川田洋士
 スパイス活用超健康法
『スパイス活用超健康法』
(川田 洋士・著/武政 三男・監修)

※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!