自分の人生、運転士として生きるか?
乗客として生きるか?

「人任せにするのではなく、自分でやっていくんだ」
と気づくだけで人生は変わる、私はそう思っています。

実際、自分のやりたいことや
自分の夢に向けて楽しくやり始めると、
変わってくるものがあります。

それは、「結果」です。

本当です。

イヤイヤやっていたところで、
いい結果は生まれません。

なんとなくやっていても、結果は出ません。

誰かに委ねていては、自分でコントロールできません。

それは、もうおわかりだと思うのです。

待っているのではなく、自分から情熱を持って、
楽しんで動くことが大切なのです。

このメッセージを伝えるために、
アカデミーではこんな話をします。

「電車の乗客として生きたいですか。電車の運転士として生きたいですか」

乗客になってしまったら、
誰かに連れて行かれてしまうだけです。

しかも、どこに連れて行かれるか、わからない。

どこに停車をするのか、何キロで走るのか、
何人乗せるのかも決められない。

だから、思ってもみないところに
連れて行かれてしまったりする。

「こんなはずじゃなかった」ということが起きる。
「もっとこうしたかったのに」と後悔したりする。

そんな人生は、みなさんも嫌でしょう。

一方で、運転士として生きると決めたら、どうなるか。
自分で決められるのです。

行き先も、心地よいスピードも、
どこに停車していくのか、何分止まるのか、
誰を乗せるのかも、自分で決められるのです。

どちらの人生が楽しそうでしょうか?

行きたいところに行ける確率は、
果たしてどちらが高いでしょうか?

どちらが、充実した人生を送ることができるでしょうか?

そして、とりわけお金に関しては、
運転士として生きるか、乗客として生きるかが、
ここで大きく変わってくると私は思っています。

お金に強い人は、自分をどこかで信じている
お金に弱い人は、自分をどこかで信じていない


「お金持ちになる」も自分が決める

運転士として生きている人は、
自分の足で生きている人です。

自分で考えて行動します。

自分で選んで前に進んでいきます。

情熱、パッションを持っています。
だから、自信が持てるようになります。

自分を信じることができるようになるのです。

一方で、乗客として生きている人は、
自分が他人任せで生きていることに気づいています。

だから、地に足がついていない。
つけようがないのです。

なぜなら、自分で選んでいないから。
自分で考えていないからです。

いつも、なんとなく行動しているからです。

これでは、自信が持てるはずがありません。
自分を信じることもできません。

なんとなくうまくいっているので、
自信はあるかもしれない。

しかし、どこかで信じていない。
それは、いい結果を生み出せないでしょう。

まずは、「人生の運転士になる」と意識することです。

「他人任せにしない。自分で選び、自分で決めて生きていく」
と心で誓うことです。

すぐには難しいかもしれません。
不安も残るかもしれません。

でも、自分で生きるほうが、誰かに任せたり、
なんとなく生きるよりも、はるかに毎日が充実する。

このことをぜひ知っておいてほしいのです。

そして、そういう生き方をしている人には、
情熱、パッションが湧いてきます。

なぜなら、自分で選べて、決められるのですから。
お金持ちになるか、ならないかも、です

本気で「お金持ちになる」と思うこと。
その情熱を持つこと。

そのためにも、人生の「運転士」を意識すること。

少しずつでもOKです。
それをイメージしてみてください。

Action
人生の「運転士」になる。

これからの時代のお金に強い人、弱い人
『これからの時代のお金に強い人、弱い人』
サチン・チョードリー (著)

※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!
 
1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!