フィードフォワードの秘密は
「未来から考える」ことにあります。

一般的に行われている話し合いが
「過去や現状から考え始める」のとは大きく異なります。

多くの企業で取り入れられている「フィードバック」は
「過去や現状から考え始める」の典型だと思います。

若い頃、私が転職直後のとき、
新しい上司である欧米人の方に、
「久野さん、気がついたことがあったらどんどんフィードバックしてほしい。
 それが自分と組織の向上につながるから」
と英語で言われました。

実は、そのときがはじめて
「フィードバック」という言葉を耳にし、
はじめてその意味を理解した瞬間でした。

同時に、この方は会社の役員だったので
「懐が広い人だな」と思いました。

まだ若かった私は、その話を真に受けて
彼にどんどんフィードバックをしていきました。

いつも大変喜ばれ、そのおかげで
彼とは大変いい関係を築くことができました。

一方、別の上司との間では苦労もありました。

同じく欧米人で
「久野さん、何かアイディアがあったらどんどん伝えてくれ。
 フィードバックも歓迎だからぜひ聞きたい」
と言われました。

ところが、その上司は内心は
「フィードバック」を欲してはいなかったようです。

言われた通りに積極的にアイディアを提案し、
気がついたことを「フィードバック」していったのですが、
どうも反応がよくありません。

しばらくしてほかの部門に異動するように指示されました。

仕事の成果はとても上がっていたので、
外されるのは不自然でした。

おそらく、私がいろいろと言うのが
うっとうしかったのだと思います。

自分としては、せっかく頼まれたから
いろいろ考えて「フィードバック」をしていたのですが、
「フィードバックも歓迎」と言われた言葉を
鵜呑みにしてしまったのがいけなかったのでしょう。

その後、降格までされましたので、
よほど気に入らなかったのだと思います。

経験上、「フィードバック」にはプラスの面がある一方、
人と人との間で行われることのため、
うまくやらないと強烈にマイナスに働くことがあると感じています。

多くの場合
「フィードバック」には聞きたくない内容も含まれるため、
冷静に受け止めるのが難しいのでしょう。

最近、「フィードバック」や1ON1、
1to1ミーティングの必要性が声高に叫ばれています。

その価値は十分に理解できますが、
実際に行うのは簡単ではないので、
しっかりと準備をする必要があります。

特に、日本人ははっきり言うのも、
はっきり言われるのも苦手で、
当然「フィードバック」は苦手です。

ただ、いまお話しした例からもわかるように、
日本人だけではなく、欧米人でも
「フィードバック」は嫌なようです。

何人かの外国人に聞きましたが、皆、基本的に
「フィードバック」は嫌なのだそうです。

ただ、嫌だから聞かないということではなく、
嫌だけど表面上は平静を装って耳を傾ける、
というのが礼儀でもあるようです。

もしかしたら「フィードバック」は、
相手が一度は表面的には受け止めてくれるため、
本心がわからず、かえって厄介かもしれません。

以前、活躍していて将来性もあるのに、
なぜか昇進できないな、と思う方がいたのですが、
どうもその方が遠い昔に社長(当時は部長)に行った
フィードバックの内容が気に入らなくて、
社長がいまも根にもっているようだ、
と人事部長から聞いたことがあります。

「フィードバック」はとても難しい技術です。

聞き手に「過去に目を向けるように促す」ので、
どうしても相手の感情を逆なですることになります。

過去に目を向けると、脳内では過去の体験と、
それに伴う情動の記憶が再現されることになり、
過去の出来事のリアリティを高めてしまいます。

結果として未来に向かう力が損なわれます。

これは認知科学ですでにわかっていることです。

もちろん、「フィードバック」は
過去のよいところは伸ばし、必要な改善を行うことで、
よりよい未来をつくることを目指しているはずですが、
上手に実施するのが難しくて、
かえって私たちを過去に縛りつけることが多いのです。

そこで、本書で私が提案するのが「フィードフォワード」です。

「フィードフォワード」について、
私が考案した定義は次の通りです。

過去や現状にとらわれてしまいがちな人に対して、
 コミュニケーションや観察を通して相手の状況を把握し、
 相手に起きている出来事やそれにともなって体験している
 感情を受け止めたうえで、その人が自分の未来に意識を向けて
 行動することができるように促す技術のこと」

「フィードフォワード」によって、個人も組織も
高いパフォーマンスを上げることができるようになります。

本書があなたのすばらしい未来のために、
少しでもお役に立てることを心より願っております。

2018年7月 久野 和禎

いつも結果を出す部下に育てるフィードフォワード
『いつも結果を出す部下に育てるフィードフォワード』
久野 和禎 (著)

※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!
 
1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!