KPIって何ですか?

「先輩、ケーピーアイって何ですか?」

後輩に聞かれました。
さて、あなたは、何と答えますか?

講座の初期は、ヒントなしでこの質問をしていました。
ところが、質問に対する回答が芳かんばしくないのです。

例えば、当時の回答の一例を挙げると--
「事業を数字で見ること」
「たくさんの数字を管理すること」
「売上や利益のこと」
--といった回答が大半でした。

もしかすると、
この本を手に取られた方の中にも、
これらの回答が正解だと思う方もいるかもしれません。


誤って理解されがちな「KPIの定義」

詳しくは後述しますが、
「事業を数字で見ること」や
「たくさんの数字を管理すること」は
KPIマネジメントではなく、
単に数値でマネジメントしているわけですから、
Indicatorマネジメントです。
 
KPIの「K」と「P」、
つまりKey Performance の部分が、
すっぽり抜け落ちているのです。

「売上や利益のこと」という回答は、
KGI(Key Goal Indicator)のことを指しています。

KGIとKPIのつづりを比較すると、
中央のP(Performance)とG(Goal)の一文字が異なっています。

つまり、KGIは最終的な目標数値を表現しているのです。

もちろん、きちんと説明できる人もいるのですが、
数値マネジメントやKGI(Key Goal Indicator)と
混同した回答が目立っていました。

そこで、講座スタート3年目くらいから、
次のような「ヒント」を加えました。

ヒント
KPIは「Key Performance Indicator」の略
Key performance は「事業成功の鍵」
Indicator は「指標・数値目標」

このヒントを付加すると、正解率は大きく上がりました。


KPIとは、「事業成功」の「鍵」を「数値目標」で表したもの。
簡単ですね。

そして、この単純で簡単な一文に
KPIのすべてが詰まっているのです。

最大のポイントは、
事業をただ「数字」で見るだけではなく、
「事業成功」の「鍵」を「数値目標」として見ることです。

「事業成功」「鍵」「数値目標」と3カ所を
「 」にしているのはそういう意味です。

大事な部分を強調しているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
KPIって何ですか?
Q : 後輩に「KPIって何のことですか?」と質問を受けました。
  あなたは何と答えますか?

K Key
P Performance ………事業成功の鍵
I Indicator ………指標・数値目標

KPI とは…
事業成功 の
鍵 を
数値目標 で表したもの
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つまり、KPIマネジメントをしているということは、
「『事業成功』とは何か分かっているのか?」
ということを問いかけています。

つまり、「事業成功」が何なのか分かっていないと
KPIマネジメントは始まらないのです。

また、重要な鍵は1つなので、
たくさんの「数値目標」を見ているのも
KPIマネジメントではありません。

この「1つ」というのは、後で詳しく説明しますが、
とても重要なキーワードです。

最高の結果を出すKPIマネジメント
最高の結果を出すKPIマネジメント
中尾 隆一郎・著

※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!
 
1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!