格闘家、大山峻護さんの予祝例も痛快です。

大山さんは、
今年の目標を考えているときに、
コーチからこう質問されたそう。

「今年一番興奮する目標は何か?」
「誰と戦って勝利したら一番興奮する?」

ただの目標ではなく、
興奮する目標というのがポイントです。

2005年当時、
世界ナンバーワンのチャンピオンはピーター・アーツでした。

そのピーター・アーツと、12月31日のゴールデンタイムに放送される
「K-1プレミアムダイナマイト」で対戦し、
日本全国の人が見守るなか、1分以内で勝てたら
一番興奮するという答えが出ました。

そこで大山さんは、
対ピーター・アーツ戦を想定して練習を始めたのです。

最初にやったことは、
ピーター・アーツに勝ったときの、
喜び方を決めることからでした。

トロフィーのどこにチューをするのかまで
詳細に決めたのです(笑)。

そして練習を始める前に、
毎回、その喜び方をイメージのなかで再現し、
喜びをかみしめながら、練習をするようにしたのです。

しかし、残念ながら、大山さんは体も小さく、
格下で、1カ月前に発表されるピーター・アーツの
対戦相手に名前があがることはありませんでした。

でも、それでも大山さんはあきらめなかった。

なんと、対戦相手が正式に決まったにもかかわらず、
大山さんは、ピーター・アーツ対策の
1人沖縄強化合宿まで決行したのです。

自分は戦えないと正式に決まってるのに!(笑)

「大山は、まだピーター・アーツと闘うつもりで練習している」
と皆に大笑いされたそうです。

それでも合宿を決行。

一番苦しいランニングや、砂浜ダッシュでも、
ピーター・アーツに勝ったときの喜びで
興奮しながら練習していたのです。

イメージしすぎて、練習中にうれしくて
泣き出したこともあったそうです(笑)。

さて、2005年12月31日の
K-1プレミアムダイナマイト、どうなったのか?

なんと、なんと、なんと、試合の9日前に突然
ピーター・アーツの対戦相手が、ケガをしたんです。

開催側も困りはてました。

9日前では、さすがに試合に出られる準備をしている
選手なんているわけがないんです。

いるわけがない……。
いや、1人だけいました!

大山峻護選手!



開催側から、大山さんに電話がかかってきました。

「大山、9日前だがやれるか?」
「はい。準備万全です!」

まさに、このときを待っていた大山峻護選手、
1R開始わずか30秒、ヒールホールドで
王者ピーター・アーツに勝利したのです。

メイク・ミラクル! 
喜びながらやっていると、奇跡は起きるのです。

これぞ予祝の起こすメイク・ドラマです。


人気作家、森沢明夫さんの
続々と決定する映画化ラッシュの背後にも
予祝は隠れています。

森沢さんの小説デビュー作は
『海を抱いたビー玉』という作品になるんですが、
光栄なことに、ひすいが本の推薦帯を書かせてもらったんです。

小説デビュー作にして、
最高の作品に仕上がり売り上げも好調。

増刷が止まらない状況になりながらも、
なんと、出版社としては、ほかの本がうまく回らず、
倒産してしまったのです。

そんな事態が起きたことを告げる電話が
森沢さんからありました。

僕はその話を聞いて、思わず、
「森沢さん、おめでとうございます!!!!!!!」
と、電話越しに口走っていました。

とにかく先にお祝いする。これぞ予祝です。

森沢さんは「はぁ? お、おめでとう?」と。

だってデビュー作にして、
あんな奇跡のような美しい物語を書けて、
しかも増刷、増刷なのに、会社が倒産し
印税が1円も入らないなんて、普通ありえない。

ということは、このあとに、
普通ではありえないような奇跡が起きると感じたんです。

僕は森沢さんにこう言いました。

「こんなありえない不運に見舞われるなんて、
 これからのありえない奇跡の伏線です。
 きっと、この先、作品が映画化されたり、
 すごいことが起きるはずですから、
 先に映画化決定おめでとう祝賀会をぜひ、
 ひらかせてください。ごちそうしますから」

と僕は電話を切りました。

そして、神楽坂で、
映画化決定おめでとう祝賀会をひらかせてもらいました。

この予祝は、見事現実になり、
森沢作品は、その後、ほんとうに
映画化が続々と決定しているのです。

『津軽百年食堂』『ライアの祈り』
『夏美のホタル』『虹の岬の喫茶店』
『きらきら眼鏡』など、いまや、
映像化率ナンバーワン作家と言われたりするほどです。

まあ、森沢さんの実力あってこそなんですけどね。

ちなみに、予祝をしたその居酒屋で、
僕は、森沢さんにこうお願いしたんです。

「きっと僕が言ったとおりになるんで、映画化されたときは、
『この状況を予言してた人がいるんですよ。
 その人の名は、ひすいこたろうさんです!』
 と記者会見で言ってくださいね」
って恩着せがましく(笑)。

その約束を先日、
森沢さんに話したら忘れてましたけどね(笑)。

その代わり、森沢さんは優しいので、
映画にもなった『虹の岬の喫茶店』のなかで、
なんと、僕をモデルとした役を登場させてくれているのです。

セリフは、たった1つだけなんですが、
それは、それは、凛々しい役をいただきました。

コタローって白い犬で登場しています(笑)。
セリフは、もちろん、「ワン! ワン!」です。

これはコミックにもなってるので、
ぜひコタロー役に注目して読んでみてくださいね。
ワンワン。


さて、では、この章の最後に、有名人というか、
有名店になるのですが、予祝というものがどういうものか、
とてもよくわかる事例があるのでご紹介します。

倒産寸前の居酒屋を予祝で救った
「魚串炙縁(うおぐしあぶりえん)」の例です。

当時、彼らは20代なかばで、
居酒屋のオーナーに雇われて働いていました。

ある日、オーナーから呼び出され、
「ずっと赤字だから店をたたむことにした」
と告げられてしまいます。

しかし彼らは、このお店が大好きだったのです。

でも、立地が悪くて、お客さんがなかなか入らない。

そこで、当時のスタッフ5人で温泉に出かけ、
その旅館で、こんな「遊び」を始めたのです。

僕らの居酒屋はいま倒産寸前だけど、そこから一発逆転、
 大人気の居酒屋になって、本も出版されて、
 1000名の前で講演しているという設定で講演しよう。
 まずは、この旅館の部屋が、
 1000名のお客さんのいる大ホールだと想像して、
 なんで成功したのか講演してみよう」

そして、この講演会にテレビ局の取材も来ているという設定で、
ホームカメラを回してインタビューし合ったのです。

「なんで倒産寸前のお店が
 大人気の居酒屋に復活できたんですか?」

現実は、倒産寸前なのに、そんなふうに聞いていくのです。

この質問に、1人のスタッフがこう答えました。

「『俺たちみんな家族だろ!』のひと言に
 みんなのハートに火がついたんです。それで、
 いままでお店に来て名刺交換してくださったお客様に、
 手紙を書いたんです。
 いかに僕たちがこのお店を大好きかって気持ちと感謝の気持ちを」

ちなみに、
「俺たちみんな家族だろ!」なんて誰も言ってないんです。
聞かれたら、即座に出まかせで答えなければいけない
というのが予祝インタビュールールなんです(笑)。

ノリで適当に答える。
すると場が盛り上がってきます。

予祝のポイントはなにを言うかではなく、
未来に待っている喜びを想像し、先に味わうことにあります。

彼らは倒産寸前の状況で、史上最高の未来を想像し、
それをすでに実現したという設定で演技して盛り上がり、
喜び合ったのです。

この日、浮かんだアイデアはノートにメモしておいて、
お店に戻ってからすべて実行に移したそうです。

すると、なんとわずか1カ月で1年分の利益が上がったのです。

そしてほんとうに超人気の居酒屋になり、
1500店舗のなかから選ばれ、
居酒屋甲子園に出場。

なんと5000人のホールで話すことになり、
『20代の働く君に贈るたいせつなこと』(松本望太郎著、学習研究社)
という本のなかでも取り上げられ、
テレビ局まで取材に来たのです。

倒産寸前ながら、前祝いしたことが、
全部、怖いくらいそのとおりに実現したのです。

喜びがあふれる場には、
最高のインスピレーションが舞い降りてくるのです。

これが「予祝」の威力です。

彼らは、前祝いの恐ろしいまでの効果を実感していますから、
お客様と「前祝い飲み会」「前祝い乾杯」が広がったのだそうです。

お客様の夢が叶ったことにして、前祝い乾杯をするのです。

それで、本当に夢を叶えられたお客様もたくさんいるそうです。

たとえば、客室乗務員になりたくて、
でも10 年間トライし続けていてもなかなか
夢が叶わない女性がいました。

そこで試験前に前祝いプレートを作って先にお祝いしてあげたら、
その年、見事に試験に合格し客室乗務員になれたそうです。

億万長者になりたいと夢を持つ、岐阜から来てるお客様に、
「予祝インタビュー」(100ページ参照)をしたら、
ほんとうに億万長者になり、本も出版。

出版記念パーティを居酒屋でやってくれたそうです。

プロボクサーの中川麦茶さんは、
前祝いでアジアチャンピオンに輝いています。

「魚串炙縁」は毎月1日、社員みんなで神社
(一番近くの氏神様)に感謝のお参りに行き、
1カ月の振り返りと、次の1カ月の目標を言って予祝をするんだそうです。

次は、予祝で、あなたの人生に革命が起きる番です。

前祝いの法則
『前祝いの法則』
ひすいこたろう(著),大嶋 啓介(著)


※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!
 
1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!