手遅れになる前に! 
男女のイライラポイントはこんなに違う! 

パートナーに、こんなことを思っていませんか?

「もっと感謝してほしい」
「偉そうなこというくせに、
家のことをまったくしてくれない! 」
「上から目線でむかつく! 」
「仕事で疲れてるのだから、労ってほしい」
「こんなに高いものを衝動買いするなんて信じられない! 」
「毎晩、いったいどこで遊んでるの! 」

人生の限られた時間を
「イライラ」や「怒り」に費やすのは無駄です。
「怒り」という感情に支配されるのは愚かなことです。

不機嫌、イライラ、怒りといったマイナス感情が、
私たちの人生をどれだけつまらないものにしているか。

イライラは時に暴力に発展し、
女性の4人に1人、男性の7人に1人が
配偶者から暴力を受けているとの調査結果があります。
(2016年「内閣府」)

人は起きている時間の80パーセントは
何らかの形で人と関わっています。

なかでも恋人、夫婦など特別なパートナーは
お互いに最も身近な存在であり、
自分が幸せになるために鍵を握る相手です。

しかし、怒りは身近な人ほど強くなる傾向があります。

NHKの『あさイチ』という番組が、主婦を対象に
「イライラの原因は何か」という調査を行いました。

多かった回答は、「子ども」「夫」「自分」でした。

身近であればあるほど、接触回数が多い人であればあるほど、
怒りは出やすいのです。

お互いがハッピーでいるためには
感情をコントロールする必要があります。

自分の感情を自分でコントロールできれば、
自分が変わり、パートナーが変わり、人生は変わります。

さあ、あなたも
「男と女の怒らない技術」を学んでみましょう。

そして、できればパートナーにも
本書をお見せすることをおすすめします。


書籍のご購入はこちらをクリック

男と女の怒らない技術


1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!