『やって良かった! 1日1食』(船瀬俊介・著)
フォレスト出版公式インスタグラムより

◆少食ブームを生み出した書籍が再び!
有名芸能人や一流アスリートがいち早く始め、
少食ブームがやってきたのが4、5年くらい前。
1日1食やファスティング(断食)など、
いつまでも老いることなく、病気知らずの身体は、
少食から生まれているのは、今や当たり前。
空腹こそが長寿遺伝子をオンにするのです。

長寿遺伝子とは「サーチュイン(Sirtuin1)遺伝子」。
マサチューセッツ工科大のレオナルド・ガレンテ教授によって、
1999年に発見されたこの遺伝子によって、
長い間、抗齢学者たちを悩ませてきた謎が、ついに解明されました。

このサーチュイン遺伝子をオンにし、老化を防ぐのが、
「少食」だったのです。

著者は若い頃、ヨガ行者やファスティング道場に出会い、
1日3食を1日2食に、そして1日1食にとなり、
現在では、1日の原稿執筆ペースが400字詰め原稿用紙で
60〜80枚はふつうに、最高で110枚を書くようになったと言います。
しかも、67歳にして髪は黒々、アメリカに行った際は40代に見られたのです。

少食の効果は計り知れません。

持病が消えていく/病気にかかりにくくなる身体が軽くなる
疲れにくくなる/睡眠時間が短くなる/肌が若返る
頭がさえてくる/仕事がはかどる/生き方が前向きになる
身体が引き締まる/不妊症が治る/寿命が延びる
食費が3分の1/買い物、料理も楽/趣味を楽しめる/感性が豊かになる

まさにいいことづくめ。

本書では1日1食を体験して、人生が変わった方の
体験談も豊富に掲載されています。

著者は、いきなり1日1食は勧めていません。
楽しく、幸福感を味わいながら、
たとえ前日に食べ過ぎてしまっても(お付き合いも含め)、
翌日に調整すればいいだけと述べています。

あなたも今日から、無理せず楽しく「少食人生」を始めてみませんか?

◆著者が実践して生み出した、1回100円ほどの特選レシピ
本書の巻末には付録として、
「一日一食」を楽しむ手作りレシピが掲載されています。
どれも簡単に作れて、どれも安上がり。
それでいて美味しそうなレシピばかりです。

そして、本書では読者限定のプレゼントとして、
写真入りで新しいレシピを知ることができます(ダウンロードにて)。
「これでほぼ100円!? しかもどれも美味しそう!」
という驚きの料理が登場します。

すでに多くの人が実践している1日1食。
きっとあなたも楽しみながら取り組むことができるでしょう。
疲れ知らず、病気知らずの若々しい身体を手に入れてください。


※本書は2014年9月に三五館から刊行された
『やってみました! 1日1食』を改題、加筆、再編集したものです。


書籍のご購入はこちらをクリック
やって良かった! 1日1食

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!