こんにちは、フォレスト出版の三浦です。

21世紀、世界に革命をもたらす
3大テクノロジーは、

AI(人口知能)、
BC(ブロックチェーン)、



そして、
VR(仮想現実)
と言われています。


「VRだなんだと言われても、
 自分たちの生活にぜんぜんなじみが無くて
 ピンと来ないぜ~」


という方が一般的だと思いますが、

今、このVRを
超・お手軽に楽しめるスポット
として
話題になっている場所があります…!

それがこちら!


VR・AR カフェバー
渋谷VREX
※お店のHPはこちら


日曜お昼の日テレの番組、
「シューイチ」を何気なく見ていたら
この渋谷VREXが特集されていて、
以来、すごーく気になっていました。


そこで今回、
フォレスト出版の若手・中堅の5人で
早速遊びに行ってみました!!




渋谷駅の宮益坂口から歩くこと5分、
お店に到着。

受付で説明を受けて
カフェの中に潜入すると、、

そこには、
『21えもん』
(藤子・F・不二雄 著)
に登場するような、

すごい近未来間のある内装のカフェ

広がっているではありませんか・・!!
IMG_3801
※照明がテーブル1点に向かって、
 スポットで照らしています。ファンタスティック。


今回は個室席を予約していたので、
そちらに通されました。

8人がけのテーブルのあるその個室には、
カフェ内で行われている
VRゲームの様子を放送しているモニター

ついています。

IMG_3776


時計の針はすでに20時を回っていたので、
おなかペコペコのフォレスト出版社員たち。

VR体験の前に、
まずは腹ごしらえをすることにしました。

「渋谷VREXの、カフェとしての実力を
 見せてもらおうじゃないの…!」

ということで、
空腹にまかせて次々と注文。

■アボカド&チーズナチョス(800円)
■珍味ポテチ盛り合わせ(950円)
■骨付きソーセージ&グリルミックス(860円)
■VREXバーガーKing(ハンバーグ・ベーコン・フォアグラ)(1,500円)
■ウニのクリームパスタ(1,280円)
■ピザロール マルゲリータ(1,020円)


※価格は2018年3月時点のものです。


どれも申し分なく美味しい…!

個人的には、
アボカド&チーズナチョス
VREXバーガーKing
ウニのクリームパスタの3つが
おススメです…!

※これ以外のメニューはこちら


また、ハンバーガやピザロールなど、
本来一人分のメニューのものを頼んだ時に、
ちゃんと人数以上に
切り分けて持ってきてもらえたりと

サービスも行き届いています…!


さて、ビールで乾杯を終えた後、
おかわりの飲み物を物色している際に、
あやしげな名前の焼酎
目を引きました…!


■もとかの/本格芋焼酎(600円)
■いまかの/本格芋焼酎(600円)
■となりのおくさん/本格麦焼酎(600円)

※価格は2018年3月時点のものです。


出版社員魂の矜持に燃える我々としては、
こんなあやしげなもの、頼まずにいられない。


「僕は元カノを!」
「自分は今カノで!」
「では、私は隣の奥さんを…」

と立て続けに注文。

出てきた焼酎はコクもありながら
すっきり飲みやすい。

この焼酎きっかけで話題も弾むし、
おかわりも進む
ので、
これはお客とお店、双方にとって、
なかなか良い商品だな、と思いました。



さあ、お腹も膨れたので
いよいよVRに挑戦だ!

まず最初に選んだVR体験は
「SUSHI COASTER」!
(参加費は1人1プレー700円 ※2018年3月現在)

SUSHI COASTER
※写真は渋谷VREXさんのHPから転載しています。


店員さんを呼んで受付をしてもらうと、
5分後くらいに準備が整ったとのことで
案内されました。

一同が通された
VRのプレイルームはこちら。

IMG_3797

壁には、VRのゲームに参加するために
装着する機材が…!

IMG_3798
IMG_3800

VRの世界を見るためには
専用ゴーグルをつけないといけないわけですが、

地肌にふれるのをさけるため、
目元だけがくりぬかれたマスクが配られました。
(衛生的!)

今回参加したフォレスト出版社員たちは
奇跡的に全員メガネだったため、
マスクの上からメガネを装着…!
IMG_3779
※怪しい風体でたたずむフォレスト出版社員たち


続いて、
ガンダムのバックパックのようなもの
を背負い、ゴーグルを装着!

すると、さっそく目の前にVRの世界が…!
IMG_3782
※装着の図

IMG_3825
※ゴーグル越しに見た、フォレスト出版の同僚たち


ゴーグルをつけると、
現実世界の視界は一切失われます。

なので、係の人がコントローラを
右手と左手にそれぞれ装着してくれました。



そして、いよいよ
VRでの体の動かし方の
レクチャー…!


物をつかんだり、離したり、
吸い寄せるなど、
操作方法を教わりました!



チュートリアルが終了すると、
「SUSHI COASTER」が
スタート!

IMG_3826

次々と指定されるスシをつかんで
口元に運び、制限時間内に
何皿食べられたか競うゲーム!


スシの回転が徐々に速くなったり、
逆回転したりと、
難易度が上がるごとに
プレイヤーたちのテンションも上がって
勝負も白熱しました!!




心地よい疲労感
興奮状態の余韻を残して、ゲーム終了。

もといた個室に戻ると、
自分たちがプレーした
リプレー動画
が・・・!!
IMG_3789
※あのバトルの感動と興奮がよみがえる・・・!

IMG_3828 (1)
※チュートリアルの模様も!


リプレイ動画を見ながら、

「あのスシネタが
 なかなか回ってこなかった!!」

「なぜ私にばかり、
 みなは白い立方体を投げつけるのか」


などなど、話もお酒もすごく弾みました!

これはなかなか良い流れ、
良いシステム…!



勢いづいて、
その後も次々とVRゲームに挑戦
しましたよ…!



■「ボンバードッヂ」
(参加費は1人1プレー700円 ※2018年3月現在)

<筆者主観にもとづくゲーム内容>

爆弾を押し付けあって、
相手にダメージを与えるゲーム!

スリリングで盛り上がるし、
一部の同僚の性格の悪さもあらわになる!
aƒœaƒ3aƒaƒ¼aƒ‰aƒƒaƒ‚
※写真は渋谷VREXさんのHPから転載しています。



■「AR テクノスポーツ HADO」
(参加費は1人2プレー700円 ※2018年3月現在)

<筆者主観にもとづくゲーム内容>

こちらはVRではなく、AR(拡張現実)のゲーム。
チームに分かれて、互いに手からエネルギー弾を
撃ち合うというもの。

幼少のころ、
本気で波動拳を出す練習をしていた筆者に、
「ようやく時代が追いついた・・・」と思わしめた。

相手のエネルギー弾をよけないといけないので、
なかなかの運動になります。



かくして、楽しいVRカフェ訪問を終えました。


今回の訪問をまとめると、
「VRゲームが、
 行く前の期待を超えて楽しかった」

ということと、

「VRゲームをしながら
 食事とお酒を楽しめる環境は、
 とても盛り上がる」

ということ…!


デートや友達同士で行って楽しめるのはもちろん、
合コンや接待で使うと、すぐに仲良くなれるのでは
ないかと思いました。


2018年3月30日(金)には、
VREX新宿店
オープン予定とのこと。

さらに、
新規店のオープンのために
クラウドファンディングも開始
しているのだそうです。

クラウドファンディングは
一口3,000円から可能で、

VREXで使える商品券を、
支払った金額以上にもらえるという
リターンがあるようです。


※3,500円出資  ⇒ 4,000円分の商品券
 5,000円出資 ⇒ 6000円分の商品券


これからVRカフェに行こうと思っている人には
お得ですね。


間もなく締切になるので、
お申込みなる方は早めにしたほうが良さそうです。

※クラウドファンディングの詳細はこちら


VRで遊べる店舗が増えると
かなり楽しいことになるので、
ぜひぜひ増えるといいなと思います。


しかし、

楽しかったのは良かったのですが、
その結果、帰りが遅くなってしまって
妻が不機嫌になってしまいした。。

仮想現実はすごいけど、
現実もやっぱり大事。

今度行くときは、妻と一緒に行ってきます・・・!



1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!