はじめに

日本人なら正しい日本語を話せて当たり前、
社会人なら相手や状況にふさわしい言葉遣いができて当然。

そんな考えは幻想にすぎないのではないでしょうか。

長年ビジネスマナーやコミュニケーションを教えていますが、
新入社員はもちろん、企業の幹部クラスでさえ、

「じつは敬語の使い方が間違っていないか心配」
「ボキャブラリーが少ない」

など、言葉遣いの不安を口にします。

苦手なまま、ただ経験を重ねるだけでは
磨かれないのが言葉のスキル。

今や、外国語を学ぶように、
「正式な日本語」をきちんと学び、
教養として身につけるべき時代といえるでしょう。

ビジネスにかぎらず、
コミュニケーションにとって
言葉は最大の道具、

できれば自信をもって使いこなし、
成果につなげたいものです。

この本は新社会人だけではなく、
「改めて日本語の基礎を学びたい」という
ベテランの方にも役立つ内容になっています。

敬語や言葉遣いの本はさまざまで、

専門的な文法解説書もあれば、
「これだけマスターすればOK」というマニュアル本、
「こんなときどう言う?」という
フレーズ検索型の本なども見かけます。

どのレベルを目指すのかで
選ぶ本は変わってきそうです。

この本では、
「きちんと自分の頭で考えて、
その場に合った言葉遣いが組み立てられる」レベルを
目指した内容になっています。

ただ読むだけではなくて、
書き込みながらトレーニングできるワークブックです。

項目ごとにドリルがついていますので、
着実に実力をつけることができます。

第1部で、正しい敬語の使い方をマスターします。
第2部では、社会人にふさわしい信頼される話し方のコツを学びます。
第3部では、シーン別のビジネス慣用句を身につけます。

英語をマスターするときと同様に、
基本文法を押さえることで基礎力がつけば、
応用力にもつながります。

日ごろ使う慣用句を覚えることで、
会話の瞬発力をつけることもできます。

けっしてさらりと読める本ではありませんが、
しっかりと向き合えば
この1冊であなたの言葉のランクアップを約束します。

身についた言葉のスキルは一生の財産となることでしょう。

言葉遣いに苦手意識のなくなったあなたが、
自信をもって堂々と
人と向き合えるようになることを願っています。

株式会社ザ・アール 上席講師 平井理恵子
これだけは知っておきたい「敬語」の基本と常識
これだけは知っておきたい「敬語」の基本と常識
(株式会社ザ・アール・著)


※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!