多くの人が勘違いしている「引き寄せの法則」のウラ

潜在意識と引き寄せの関係

ここ数年、「引き寄せの法則」については、
たくさんの情報があふれていて、
ブームといってもいいくらいですよね。

この本を手にとってくださったあなたも、
「引き寄せ」について学んでいるかもしれません。

では、そうして学んでいる人たちは
次々と「引き寄せ」を起こして願いを叶え、
幸せになっていると思いますか?

あなたはどうでしょうか?

実際には、「引き寄せ」を
期待どおりに起こしている人は少ないかもしれません。

その理由は多くの人に「ある思い違い」があるからです。

「引き寄せ」に対するよくある思い違いは、
「欲しいものや、なりたい状況をイメージすればそれらが引き寄せられる」
というものです。

つまり、
「願ったことが叶う」ということになりますよね。

けれど現実を見てみると、
「一生懸命イメージしても、ぜんぜん願いは叶っていない……」
と言う人がたくさんいます。

実はこの
「叶っていない……」ということ自体が、
勘違いなのです。

願いが叶っていないという状況は
「引き寄せが起こっていない」のではなく、
ちゃんと「潜在意識にあるもの」が
「引き寄せられている」のです。

わかりやすくいうと、
「願ったことが叶う」のではなく、
「潜在意識にあるものが現実になる」ということ。

無意識に心で思っていることが引き寄せられて現実になる、
それが本当の「引き寄せの法則」なのです。

「願い」や「願望」はあっても、頭の中にあるだけで、
心の奥深くにある潜在意識にまでは届いていないことが多いんです。

そして、
本当に「潜在意識の中にあるもの」が
引き寄せられていくんですね。

つまり、「引き寄せの法則」はちゃんと起こっています。

潜在意識にネガティブなものがあれば、
それを引き寄せてしまっているということです。

ですから、自分の願いを叶えるには、
潜在意識を味方にすることがとても大事になります。
B-1833_kekkai_w500
いいことだけを引き寄せる結界のはり方
(碇のりこ・著)


※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!