『最短で目標を達成する! PDCAノート』 (岡村拓朗・著)
フォレスト出版公式インスタグラムより

シリーズ10万部突破の「PDCA×ノート術」の最新刊! 

外資系マネージャー×時短コンサルタントが書いた
7つのフレームワークを使った
「PDCAノート」メソッド!! 

9万部を突破した
前著『自分を劇的に成長させる! PDCAノート』は
PDCAを回せない人のためのノート術でしたが、
この最新刊では「目標達成のためのPDCA」を紹介します。

目標設定から計画、実行、振り返りまで、
1冊のノートで目標達成のPDCAが全部回せるようになります。

「会社のプロジェクト目標」
「英語」「資格試験」「スキルアップ」
「筋トレ・ダイエット」「習慣化」
「残業ゼロ」「貯金」「売上目標」

など、目標を着実かつ最短で達成したい人にオススメです。

[本書の特徴] 
・ ノートを使うからPDCAが視覚化・習慣化できる
・ 1冊のノートで、目標・計画・実行・振り返りまでビルドインできる
・ ムダな努力や行動なく、最短ルートで目標達成できる
・ 何度も軌道修正されるので、すぐに行動が最適化される
・ メンタルやマインドの状態に左右されない
・ 折れない、三日坊主、ズボラでもOK


●ゴールから逆算するPDCA 
本書を一言で言い表すと、

「目標達成のためのPDCAの回し方」

になります。

目標達成のためのPDCAとは
「ゴールから逆算するPDCA」にほかなりません。

そもそもPDCAは、

「Plan(計画)」→「Do(実行・実績)」→「Cheack(評価・気づき)」
→「Action(改善策・行動)」

この4つの頭文字をとったフレームワークで、
外資系コンサルや一流の人ほど必ず使っている
シンプルかつ最強のフレームワークの一つと言われます。

しかし、PDCAにも落とし穴があります。
それは「ゴールを見失う人が多い」ということ。

PDCAを実行できるようになると、
目先の問題改善や日々のPDCAを回すこと
そのものが目的になりがちなのです。

つまり、PDCAは目標達成のためにあるはずが、
PDCAを回すことが目的になってしまうのです。

目標なきPDCAは成果に結びつきません。
目標設定、計画とステップ、実行、振り返りを
すべて1冊のノートにまとめ、かつPDCAが回せるノートメソッド
だからこそ、様々な目標を達成できるようになります。


●著者もこのメソッドで、年収倍以上、残業ゼロ、13キロのダイエット達成
著者自身もこの目標達成PDCAノートをつくることで、

・年収アップの目標設定 → 年収2.4倍達成
・ダイエットの目標設定する → 13キロのダイエット達成
・月の残業100時間以上 → 残業ゼロ達成(以後2年以上継続中)

など、様々な目標達成してきました。
またクライアントも様々な目標達成の成果を出しています。



書籍のご購入はこちらをクリック
最短で目標を達成する! PDCAノート


*インスタグラムで
 フォレスト出版の書籍を投稿しよう!

あなたの撮った写真が
ブックリストに掲載されます!

「#フォレスト出版」と書いて
投稿してくださいね!!