『ハーバード式 聴くだけで「集中力」が高まる本』
フォレスト出版公式インスタグラムより

【耳はもちろん、骨、水(体液)、皮膚など、
体でこの音を聞けば、「集中力」がグングン上がる】

基本的に、集中力がないという人はいません。
差があるとすれば、その持続性と安定性、
そして疲労を感じるかどうかです。

その差は、何が原因なのか?

ずばり、
その差は、「脳内環境」で決まります。

つまり、脳内環境が整っていれば、
私たちの集中力は、持続し、安定し、
疲労感を感じにくくなるのです。

では、「脳内環境」は、
どのような形で整えることができるのか?

さまざまな方法がありますが、
本書でおすすめする方法が「音」です。
さらに言えば、音という「振動」です。

音という振動が脳細胞に刺激を与え、
脳内環境が整い、集中力が持続、安定し、
疲労感を感じにくくなるのです。

ただし、「音」と言っても、
単なる音では、残念ながらその効果は大きく望めません。

脳細胞をより良い方向に刺激する音、振動が存在します。

本書の付録にある
CD-ROMに収録している音は、
集中力を発揮させるために
最適な脳内環境を整える特別音源となっています。

著者は、
米国ハーバード大学医学大学院に
特別研究員として在籍していた医学博士で、
専門は神経生理学。

本書では、
医学的な視点から、
集中力が高まるメカニズムとその効果の解説とともに、
脳に効く「特別音源」をご提供します。


【主要目次】
第1章:「集中力」とは何か?
第2章:音が脳に伝える効果
第3章:スーパー集中力で、脳内環境に革命を起こす
第4章:ハイパーソニックエフェクト
第5章:この音源の効果的な使い方

(「BOOK」データベースより)
音には、耳では聞こえない音域が存在します。
その可聴域を超える高い音は、
私たちの脳内環境を整える効果があります。

それは、耳ではなく、私たちの骨、水(体液)、皮膚で聞き、
脳に届けることができるのです。

この本では、そのメカニズムと効果の解説とともに、
脳に効く「特別音源」をご提供します。


書籍のご購入はこちらをクリック
「集中力」が高まる本





*インスタグラムで
 フォレスト出版の書籍を投稿しよう!

あなたの撮った写真が
ブックリストに掲載されます!

「#フォレスト出版」と書いて
投稿してくださいね!!