「肉を控えなさい」は50歳を機に改めよ!

動物実験の結果はあてにならない

「健康寿命を延ばす」という長寿法を紹介するとき、
動物実験の結果にもとづいて解説している健康情報をよくみかけます。

「カロリー制限が長寿遺伝子をオンにする」というのも、
動物実験の結果にもとづいた結論です。

しかし、長寿法において、
動物実験の結果は参考にはできません。

動物実験によって、「カロリー制限が若返りを導いた」
という結果が明らかにされたところで、
それをそのまま人間にあてはめることはできないのです。

なぜならば、
人間と動物では寿命のあり方がまるで違うからです。

生物の世界では、
生殖能力を失ったら死を迎えるのが自然の摂理です。

チンパンジーのメスは、
生理が終わるとまもなく死んでいきます。

動物実験でよく使われるネズミ類も、
生殖能力を失ったら死んでしまいます。

しかし、人間は違います。

生殖能力を失ったのちも、倍近い歳月を生き続けます。
 
2016年の調査では、
日本人女性の平均寿命は87・14 歳、
男性は80・98歳でした。

これに対して生殖能力の寿命は、
女性の場合、閉経が50歳前後に訪れます。

男性も人知れず努力すれば70歳以降も子どもをつくれますが、
ふつうは50歳を境に生殖機能は衰えます。

野生の生物は、
生殖能力と寿命の長さが相関しているのに、
人間だけが生殖能力を失っても
長い歳月を生きることが許されているのです。

なぜなのでしょうか。

そこには「子どもを育てる」ことが関係してきます。

動物の赤ちゃんは、
誕生後すぐに立ち上がり、歩き出します。

ところが、人間の赤ちゃんは
10カ月間胎内で育てられたのちに誕生し、その後、
立ち上がるまでに少なくとも10カ月以上もかかります。

誕生後、1年近くも寝たきりのままなのは、
人間の赤ちゃんだけです。

これは、脳が異常に発達してしまった結果、
起こる現象の一つと考えられます。

人間の脳が巨大化したために、
胎内で10カ月以上過ごすと頭が大きくなりすぎて、
子宮から出られなくなってしまうのです。

生まれた後、すぐに自ら母親のお乳に吸いつける
動物の赤ちゃんに対し、人間の赤ちゃんは、
呼吸する以外のすべてで親の手を必要とします。

1人の赤ちゃんを育てる苦労は並大抵ではありません。

たくさんの手がかかります。
 
人間が生殖能力を失ったあとも長い歳月を生きられるのは、
子育てのあとに「孫育て」の役目が
課せられているためではないかと私は考えます。

「種の保存」という大義を前に、
進化の過程で長寿遺伝子が
DNAに組み込まれたのではないのかと思うのです。


なぜ50歳から肉を食べる必要があるのか

人間の体は、50歳を境に
「子づくりのための体」から
「長寿のための体」へと移り行きます。

これは生殖能力の減退とともに
寿命がつきる野生生物にはないことです。

ただし
「子づくりのための体」と
「長寿のための体」では、
当然、必要となる栄養素は異なります。

詳細は後述しますが、
50歳になったら、主食などの炭水化物や甘いものは、
体にとって邪魔な栄養分になってしまうのです。

その一方で必要になってくるのが「肉」です。
 
50歳前後に、
性ホルモンの分泌量は大幅に減少します。

生殖能力を失えば
性ホルモンも激減するのが自然の摂理です。

しかし、性ホルモンが減少していくままでは
長寿は叶わず、老化のスピードも上がってしまいます。

そこで、
外から性ホルモンの材料を
大量に入れてあげる必要があります。

その材料となるのが、実は
肉の持つ「コレステロール」なのです。

私たち人間が、長寿法において参考にできるのは、
「どんな人が健康で長生きしているのか」という
疫学調査だけです。

寿命のあり方がまるで違う動物実験の結果は
参考になりません。

ましてや、
数字のつらなるデータや資料を見比べながら卓上で決定した、
メタボ健診の数字などが人を健康にするはずもないと、
私は思うのです。

人生100年時代の老いない食事
人生100年時代の老いない食事
(藤田紘一郎・著)


※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!