はじめに

あなたのコレステロール値と脂質の値は危険。  
このままでは早晩、動脈硬化にかかるでしょう。  
そうなりたくなければ、「肉」は控えなさい。
 
これまであなたは、医者にそういわれてきたかもしれません。

また世間では、肉を遠ざける「粗食」や「一汁一菜」、
「プチ断食」の食事法こそが、体を若く保つと紹介されてきました。  

そうした医者の指導や健康情報に従い、
「健康のために」と肉を減らし、野菜中心の食事に変え、
ついにはカロリー制限までしてきたことでしょう。  

しかし、はたしてそれで「健康」になれるのでしょうか。

そんなことはありません。  

肉を食べない野菜中心の食事を続けていては、
健康長寿は逆に遠ざかってしまうのです。

では、どうすればよいのでしょう。

その答えが、
40代までは「健康のため」と肉を控えてきた人も、
50歳になったら「健康のため」と胸を張って
肉を食べ始めることなのです。
 
この本は、
50歳から肉を食べ始めて、
健康で長生きするための本です。

なぜ、「50歳」を機に肉を食べ始めたほうがよいか。

それはズバリ、
50歳から肉を上手に食べていると、
長生きできるからです。

ただ長生きするのではありません。

お肌も髪もツヤツヤ、精力マンタン、
今よりずっと健康になって、
活動的な心身のもとに長生きできるのです。  

肉を正しく食べていれば、
薬漬けの生活にもオサラバできます。

抗コレステロール剤も抗うつ剤も
風邪薬も必要なくなります。

ひだまりサロンのようになっている
病院の待合室で時間を費やすことはなくなり、
社会のため、家族のために精力を注ぐ生き方ができるようになります。 

50歳から肉を上手に食べていれば、
豊かで充実した人生を送ることができるのです。

ただし、肉は食べ方が重要です。  

この食べ方を知らないがゆえに
「肉を食べたら体が重くなった」などの症状を覚え、
「肉はがんを引き起こす親玉」という誤った情報を信じてしまいます。

なんとももったいないことです。

そういって肉の健康効果について力説している私ですが、
実は、7年前まで「肉を控える」生活を送っていました。

その理由とは、医者として恥ずかしながら、
糖尿病を患った経験があったからです。  

糖尿病になったばかりの頃、私は病気を治したい一心で、
日本糖尿病学会が推奨するカロリー制限ダイエットを実践していました。

しかし、まったく改善されません。

それどころか、
一時期は薬に頼らざるをえませんでした。

その反省から健康長寿のための食事について研究し、
そこで「肉食」の重要性を知ったのです。

私が糖尿病を克服した方法は簡単です。

「肉は、カロリーもコレステロール値も高いので、
生活習慣病の人は控えたほうがよい」という、
医者の情報を信じることをやめただけです。

そして、結果として正反対のことをするようになりました。  

それが「カロリー計算をしない」
「コレステロールの値を気にしない」
「野菜と肉を上手に食べ、主食は抜く」という
3点を心がけた食生活です。  

食べ方を変えただけで、私は糖尿病をすっかり克服しました。

体重も10キロ減り、血糖値もコレステロール値も
中性脂肪値も正常の値に安定しました。

今では、糖尿病の薬も抗コレステロール剤も飲んでいません。

もちろん、カロリー計算など食事をまずくするだけの
ダイエットとも無縁の生活です。

今では以前よりも若々しい体をつくり、
研究と講演と執筆活動にますます邁進できるようになりました。

多くの人は

「糖尿病は一度かかったら治らない。
上手につきあっていく必要のある病気だ」

という常とう句にだまされて、
食べたいものをガマンし、
つらいカロリー制限に励んでしまいます。

しかし健康的な食事に、カロリー計算は害になるだけです。 

「コレステロールが高くなると寿命を縮める」という医療情報が、 
50歳を過ぎた体には当てはまらないことを知り、
その呪縛から逃れることも重要なことです。 

50歳を過ぎたら、コレステロール値は、
少々高めのほうが若々しく健康でいられるのです。

「生涯現役」。

誰もが目指すこの生き方を叶えてくれるのが、 
50歳から肉を上手に食べ始めることなのです。

世界一の長寿国となった日本ですが、
同時に要介護の方は570万人に達したそうです。

俗説に従って肉を避け、老いや病で体を壊してしまうのか、
正しい知識を知り、若々しく活動的に残りの人生を謳歌するのかーー。

判断はあなたにゆだねられています。

本書では、 歳から肉を食べて、
健康で長生きするための知恵と食べ方について解説していきます。

50歳を過ぎた人が「健康のため」に肉を制限することほど、
おろかなことはありません。

肉を食べれば、老いを防ぐだけでなく、
がんや心筋梗塞などの生活習慣病も遠ざけ、
薬いらずの体を作ってくれます。

この本を読めば、肉を食べるときに感じる
「健康に悪いことをしているのかなぁ」という罪悪感が
スッキリとなくなります。

そして、あなたの食卓には長寿食「ステーキ」がドカ〜ンとのり、
肉に舌鼓を打つ喜びをかみしめていることと思います。

ぜひ、健康で豊かな食事のおともに、本書をお役立てください。

2018年1月 藤田紘一郎 

人生100年時代の老いない食事
人生100年時代の老いない食事
(藤田紘一郎・著)


※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!