最速で夢をかなえるために必要なこと

なぜ、あなたの目標は達成されないのか?

あなたは、

「自分の夢をかなえたい」  
「立てた目標をガンガン達成できるようになりたい」  
「最速で仕事の成果を出したい」  
「最速で自分を変えたい」  
「努力した分だけ確実に成長したい」
  
などと思うことはないでしょうか。

本書はそんな人のための1冊です。

起業して成功したい人、
会社のプロジェクトを成功させたい人、
与えられた売上目標を達成したい人、
ダイエットや資格試験という目標を達成したい人、
漫画家やイラストレーターになりたい人......など、

大きい夢から目の前の目標まで、
達成したいことは人それぞれでしょう。

しかし、
ガンガン目標を達成できる人がいる一方で、
いつも目標を達成できない人もいます。

自分がこうしたいと本気で願ったことなのに、
なぜかモチベーションが上がらない、
今日も先延ばしにしてしまった、
時間がなかった......など、

できない理由がありすぎて、結局動けないという人です。

ビジネス書には多く、
目標達成や夢をかなえる、といった言葉が並んでいます。

しかし、これらで成功できた人は多くないはずです。

なぜなら、これらの巷にある本は2つに大別できるからです。

・一流の人、頑張れる人が、人一倍の努力でできた方法論
・再現性のあるメソッドではない

つまり、最初から一流の人であり、
とにかく行動し続けられる強い精神力のある著者だからできたこと。

そして、著者にしか再現できないメソッドになっていること。

つまり、これまで目標達成ができなかった人には
ハードルが高いものなのです。

それでは、結果なんて出るはずがありません。

・行動したら、その行動した分だけ、結果がついてくる
・理論上、誰がやっても目標達成ができるメソッド
・先延ばしやズボラな人でも目標に向かってやり切れる仕組み
・メンタルやマインドの状況にかかわらず、前に進める

そんな夢のような、目標達成のためのメソッドがあります。

それが「目標達成のためのPDCAノート」です。


PDCAを回すのがうまい人、へたな人

PDCAとは、ビジネスの世界でよく使われるフレームワークです。

わかりやすく言えば、「思考や行動の型」のようなもの。

自己流で努力したり、何か物事を考えたり、
進めたりするのでなく、ひとつのフォーマットとして
使うことができる型です。

うまくいかない人ほど、自己流にこだわります。

あなたがもし、これまで全部自己流で
何をやってもうまくいっていたという人であれば、
フレームワークは必要ないでしょう。

天性の勘と才能に従えば、いいかもしれません。

しかし、そうではなく、  

「うまくいかないことが多かった」  
「物事に取り組むも成果にばらつきが多い」  
「いつも目標を達成できない」
「毎回やり方に悩んでいる」

などという人であれば、
フレームワークを使うほうが効果的です。

なぜなら、フレームワークの多くは、
超一流の人たちが研究と実践、
実証の末に編み出した、
再現性の高い思考と行動の型だからです。

一流の人ほど、オリジナルの
秘密のメソッドを使っているように
思うかもしれませんが、それは間違いで、むしろ逆。

徹底的にフレームワークを使ってきたのです。

そのほうが、効率もよく成果も出るからです。

いちいち悩んだり、
ゼロから考えたりする必要もありません。

そして、再現性が高いというのは、
誰が使っても一定の成果が得られやすい、
ということ。

PDCAもそんなフレームワークの1つです。

そして数あるフレームワークの中でも、
シンプルで究極的なスキルだと言われています。

だからこそビジネスシーンではよく、
「PDCAを回せ」と言われるのです。

PDCAを回せている人は、
仕事もプライベートもうまくいく、というのは
前著でもお伝えしたとおりです。

問題点や課題を見つけながら、
どんどん改善していけば、
PDCAを回すごとに、
基本的には状況はよくなる一方だからです。   

しかし、PDCAにも問題があります。

それは「ゴールを見失う人が多い」ということです。

目標といってもいいでしょう。 

PDCAはどうしても
目の前のことに意識が向いてしまいます。

日々の行動や施策に対して、改善を続けるため、
ゴールではなく足元ばかりを見るようになる人は少なくないのです。

つまり、「PDCA」は目標達成の手段であるはずなのに、 
PDCAを回すことが目的になってしまうのです。

PDCAを回す目的は、
「ゴールを達成する」という1点であるべきです。
 
本書のメソッドを使えば、
漫然とPDCAを回している状態ではなく、
ゴールに向かって最速・最短距離で進んでいくことができます。

行動したら行動した分だけ、確実なリターンが得られるのです。  

「魔法のような方法で夢をかなえたい」  
「誰も知らなかったメソッドで、人生を変えたい」   
という方は、別の本を探してみてください。

本書は、確実かつ着実に自分を少しずつ成長させ、
最短距離で目標を達成するメソッドです。

自分を変えるこの方法は強力ですが、
そこに魔法はありません。
  
シンプルで、誰でも簡単に実践できる
再現性のある方法論になっています。


1冊のノートを書くだけで、すべて解決する
 
前著『自分を劇的に成長させる! PDCAノート』の
読者の皆さんからお寄せいただいたメッセージを分析してみると、
目標達成に関する悩み事が、年代を問わず
かなり多くの割合を占めていることに気がつきました。

「どうやって目標設定したらいいのかわからない」  
「目標を立ててもうまくいかない、継続できない」  
「計画どおりに進まない、計画倒れになってしまう」  
「やろうと思っても行動できない」  

「仕事でいっぱいいっぱいの生活をしていて目標を見失っている」  
「普段の業務や雑務に追われて、目標を達成できない」  
「プライベートの時間が仕事に侵食されていく」  
「なかなか自分の成長を感じられない」

そして、さらには、

「毎日の は回せるようになったけど、どうやって積み重ねればいいのか?」  
「毎週・毎月をどうやって振り返っていけばいいのか?」

など、
「その先をもっと教えて欲しい」といった声も
発売から時間が経つにつれて、 
たくさんいただくようになってきました。

最短で目標達成をするためのノートのやり方を身に付け、
あなたが夢や目標をガンガン達成できるようにすることが
本書の目的です。

あなたがPDCAを回して目標達成したいと思っていたものすべて、 
1冊のノートを毎日書くだけで解決します。

目標(ゴール)の設定には時間をかけたいところですが、
日々のPDCAを回すために必要な時間は1日5分程度。

かかったとしても、10分以内です。   

ぜひトライしてみてください。
最短で目標を達成する! PDCAノート
最短で目標を達成する! PDCAノート
(岡村拓朗・著)


※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!