部下が動かない上司の問題点

ここまでお伝えしたとおり、部下が動かない理由は、 

「動かなくてもいい体験の積み重ね」
「自分の判断で動いた体験の積み重ね」

にあります。  

そして、そのような部下を
つくり出してしまっている上司に
共通していることがあります。

それは、
「部下に対して、指示しかしていないマネージャー」
の存在です。  

ちゃんと指示しているのであれば、
それがなぜ問題なのかがわからないという人も
いるかもしれません。  

会社からのミッションや組織内の方針、
ルールなど、やるべきことに対して部下に指示する。

「指示をして何が悪いのか?」
と疑問に思うのは当然です。  

しかし、私は断言します。  

指示しかしないマネージャーのもとでは、
部下の行動は変わりません。  

指示だけしかしないマネージャーは、指示した後、
その行動ができるようになるまでの管理、
サポート、教育をしていません。  

その代わりに、
次のような言葉を使って、部下を批判します。

「言われたらやるのが当たり前」 
「それぐらいできて当然」 
「意識が低い」
「性格が悪い」 
「だらしない」

というような言葉を使います。

そして、指示どおりの行動が
できていないことについては放置しているのです。  

このような言葉を使う上司の価値観は、
言われたことに対して実行することが当たり前で、
できないことを問題としてとらえています。  

それは間違っているとは思いません。  

しかし、本来できるはずの行動を、
部下の性格や能力を理由にして、その結果、
指示に対して行動しなくても放置していると、

部下の行動は変わらないばかりか、
上司の指示に対して行動しなくていい習慣が
身についてしまいます。  

これが、
部下の行動が変わらないマネージャーに
共通して言えることです。  

指示はしていても、部下の行動が変わらない
「指示だけマネージャー」と名づけています。 

先にも触れたとおり、
部下に指示してもやらなかったという体験が
増えれば増えるほど、

「指示されても行動しなくていい」
という習慣が強くなっていきます。  

コンサルティング先のマネージャーや、
研修に参加するマネージャーに話を聞くと、 
皆が共通して次のように言います。 

「指示はしてきたが、やらないことに対して、
やりきるまでかかわってきたことがなかった」 

「常にその場では注意して、
『次は気をつけろよ』というやりとりを
延々と繰り返してきたので、あきらめていた」  

多くの上司は、部下へのかかわりが
指示だけになっており、

指示した内容をやりきらせるところまで
深くかかわっていないことが、
部下が動かない上司の問題点です。
結果を出すリーダーほど動かない
結果を出すリーダーほど動かない
(山北陽平・著)


※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!