shutterstock_602226047

こんにちは
編集部のイナガワです。


いまやTOEIC試験が義務付けられている企業は、
日本で2500社以上
国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が発表した
2016年のTOEIC受検者は519万人
そして、平均スコアは516点
これは世界の受検者スコアのどのくらいに位置しているのか。


何と500点以上取得した49か国のうちの41位


当然、アジア圏の国の平均スコアが下位なのは仕方がないですが、
お隣の韓国の平均スコアは679点で、世界19位

同じ語順で話されている国でも、
これだけの差が出ているのです。
※韓国ではウラ技本が流行して、企業が求めるスコアが高くなっています。


さて、そんなTOEICテストですが、
来年の試験は全部で10回あります。

エクセル

2018年のスタートは1月28日。
※すでに申し込みは締め切っています。

おそらく多くの方が来年のTOEICテストに向けて準備されていると思います。


さて、そんなTOEICテスト、
どうしたらスコアがアップするのか?
時間がない中で、効率的に英語の勉強ができないか?

忙しいビジネスパーソンにとって、
ここが最大の悩みでしょう。

しかも、TOEIC関連本は山ほどあって、
どれが自分に合っているのか、教材選びにも苦労します。

そこで今のスコアを200アップできるTOEIC攻略本があります。


『【改訂版】たった4時間でTOEIC(R)テスト完全攻略』
(CA合格&TOEIC200点UP塾 塾長 中尾享子・著)
25465986_1517777241632366_1864155146_n

著者の中尾享子さんは、
NTTの総合職として勤務後、どうしてもCAになりたくて
ヴァージニアアトランティック航空に入社し、
ロンドンベースCAとして活躍。

逐次通訳として、京都議定書締結時の京都エコ会議の会場通訳(98年)、
長野オリンピック、スピードスケート会場で、会場最高責任者直属通訳
などを務めました。
※清水宏保選手が金メダルを獲ったオリンピック会場。

また、代々木ゼミナール在籍時には、
英語DVD教材を作成し、その教材は、
『ゼロからの英文法』『ベイシック読解・読解の戦略』
『早大理系英語』『慶大理系英語』として、予備校で放映されています。


そんな人気講師だった中尾さんの本は、
ほかの本にはない最大の特徴があります。

なんと、スコアアップのウラ技から、
ここだけやれば点数が取れるというPARTを中心に、
著者の解説CDを聴きながら、一緒に勉強していくというものなのです。


この本では、「解くスピード」を重視したテクニックが満載です。


・出だしだけで正解を出す「冒頭4語解答法」
・直感で解ける「パターン攻略法」
・一瞬で正解が出る「写真WALチェック法」
・最低限読んで解く「選択肢シッポ法」
・200点差がつく「時間貯金法」


など、7つのテクニックで、
著者が研究して作り上げた問題を一緒に解いていきます。

CAに合格した方はもちろん、
初めてTOEICテストを受検して600点以上獲得した人から
スコア800台の人が900台になった人など、
初めての人から上級者まで、
とにかくスコアを伸ばしたいという人は必見です。


早急にスコアをアップしたい方は、まずこの1冊からですが、
2018年の試験日程を見て、
もう少し先に受検するので、計画的に勉強したいという方には、
リスニングとリーディングをさらに深く勉強できるシリーズもあります。


『【改訂版】たった4時間でTOEIC(R)テスト リスニング完全攻略』
『新TOEIC(R)テスト リーディング完全攻略』
【改訂版】たった4時間でTOEICRテスト リスニング完全攻略新TOEICRテスト リーディング完全攻略


とくに、スコアをアップしやすいのが「リスニング」。
正しく勉強すれば、間違いなく効果があります。

シリーズ3冊、いずれも2枚の講義CDが付いて、
攻略法が手に取るようにわかります。

今年こそ英語を!

Good Luck!


最後までお読みいただきありがとうございました。


1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!