はじめに

世の中を見わたすと、

スキルや能力はそれほど変わらないのに、
契約・商談・プレゼンといった
「ここ一番」という場面で成功する人もいれば、
そうでない人もいます。

就活面接もしかり。

スキルや能力はほとんど同じなのに、
面接官に好感を持たれる人と
そうでない人がいます。

この差はいったいどこからくるのでしょう?

企画力や段取りのわずかな差?
説得力や交渉術のわずかな差?
就活面接ならば外見でしょうか?
学歴でしょうか?

数え上げたらキリがありませんが、

1つの大きな要因として「声の出し方」、
すなわち声が聞き取りやすいか、
声が聞き取りにくいかが関係している
というのが私の持論です。

面接を例に出すと、緊張のしっぱなしで早口でしゃべる、
無表情でしゃべる、小さな声 でモゴモゴとしゃべる、
「ブツ、ブツ、ブツ......」と細切れでしゃべる
というようなことがあります。

これだと相手への訴求力も半減し、
相手からの印象も悪くなります。

コミュニケーションにも支障をきたすようになります。

それゆえ「ここ一番」という場面で
チャンスを逸してしまうわけです。

そういう人でも、自分にとって一番好ましい声の状態を
あらかじめ知っておけば、その声を「本番」で出すことで、
緊張感を大幅に緩和することができると同時に、
訴求力のある話し方で相手の心を動かすことができるようになります。

しかも、好ましい声がいつも出せるようになれば、
自分に自信が持てるようになるため、
心の状態もポジティブになり、
それが仕事や人間関係にも好影響をおよぼすようになります。

今までわずかな差で失敗をしてしまった人が、
大差で勝利をおさめることができるようになります。

そのための方法を簡潔・明解に説いたのがこの本です。

まず第1章では、
自分の声のどこに問題があるかを知ることで、
最良の声を出すためのウォーミングアップ法について解説します。

第2章では、
最良の声を出すための発声レッスンについて、
かなりのページ数を割いて解説。
最短・最速でマスターできるようにしました。

第3章では、
第2章で述べたことを踏まえ、
最良の声をさまざまなビジネスの場面で
どう生かすかについて解説していきます。

第4章では、
声が決め手の電話応対で生かす方法についても言及しました。

いずれにしても、この本を最後までお読みいただければ、
声に対する悩みやコンプレックスといったものが消えると同時に、
トップセールスパーソン、できるビジネスパーソンを目指す人にとって
不可欠なスキルが習得できるものと確信しています。

そして、私からあなたにお願いがあります。
この本で記してあることを「すなお」に実践してほしいのです。 

ただ、それは世間一般が言うところの
「すなお(素直)」とはちょっと異なります。 

私が言う「すなお」とは、

「す」......すぐに、
「な」......(この本で)習ったことを、
「お」......思い切ってやる。

という意味です。

「すぐに、習ったことを、思い切ってやる」ことで、
いち早く自分の 声の素晴らしさに気づき、
自信を持って声が出せるようになります。

それによって、これからの人生に勇気と希望が持てるようになります。

あなたの「声」は世界で1つしかない自分だけの宝物。

これは磨けば磨くほど輝くダイヤモンドの原石とまったく同じ。

さぁ、これから私と一緒に声を磨く旅に出かけましょう。

そして、近い将来、仕事で劇的な成果を生み出すきっかけが、
この本によってもたらされ、その効果を実感していただければ、
筆者にとってこれに勝る喜びはありません。 

島田  康祐

話し方は「声」で変わる
『話し方は「声」で変わる』
(島田康祐 ・著)

※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!


1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!