ペップトークとは、アメリカで誕生したトーク術で、
「人のやる気を引き出す」「相手を励ます」トークとして、
日常的に使われています。

そんなペップトークが、現在放映中の
日テレドラマ『先に生まれただけの僕』に登場しました。
23477012_1483927021684055_458812382_n

ドラマでは、櫻井翔さん扮する若き校長
学園会改革をすべく、先生や生徒たちを変えていくというストーリー。

偏差値も低い私立高校で、
来年の生徒を獲得しなければならないなか、
校長に賛同する先生(蒼井優さん)が、ペップトークを勉強して、
学校説明会のプログラムを生徒たちに自主的にやってもらおうと、
ペップトークを展開します。


それは、生徒たちのやる気を引き出した瞬間でした。
(もちろん学校説明会は大成功)


さらに、校長の方針に反対だった先生も
密かにペップトークを取り入れ、
学校説明会当日、拍手が起こるほどの素晴らしい授業を行ったのです。

これから学園はどう変わっていくのでしょうか?

現在、放映5回を終え、これからの展開も楽しみなドラマです。


ちなみにペップトークは、
人種も言語も違うアメリカで誕生した話術で、
短く、わかりやすく、最後にはやる気を引き出すために、
主にチームスポーツの世界から生まれました。

ペップトークを使った映画のランキングもあるくらい、
アメリカ人はペップトークが大好きなようです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1980年に行われたレークプラシッド冬季オリンピックの
アイスホッケーの実話をもとに作られた『Miracle』という作品が
ペップトークのランキング1位。

当時、無敵のソ連に挑んだアメリカは、なんと学生選抜のチーム。
直前のエキシビジョンゲームでも完敗していたアメリカの学生選手たちは、
どうせ勝てないと思っていました。


試合前の静寂としたロッカールーム。
コツッ、コツッとロッカールームに近づいてくる足音がしました。
ハーブ・ブルックススヘッドコーチでした。

彼はロッカールームに入ると、ゆったりと、
しかし真剣な眼差しを選手たちに向けて語り始めました……。

彼の語ったペップトークに、選手たちは心を震わせ、
逆転劇でソ連に勝利したのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


実際、どんなことを語ったのか?


ぜひ『たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク』
ご確認ください。

たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク
たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク
浦上大輔 (著)




最後までお読みいただき、ありがとうございました。




1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!