shutterstock_192268697
こんにちは
編集部のイナガワです。

2017年、これほど死を身近に感じる年
ないのではないでしょうか?


北朝鮮のミサイルの日本上空飛行、
度重なる水害など……。
(水害で亡くなられた方への、
 ご冥福をお祈り申し上げます)


さて、人はいつか最期を迎えます。

これはどうしても避けられないものです。

しかも、死はいつ訪れるかわかりません。

もし、あなたが余命1年と宣告されたら、
あなたはどんな気持ちを抱くのでしょうか?

実は、さまざまな心の痛みが生じます。


「身体的苦痛」……
思うように身体が動かないという苦痛。

「経済的苦痛」……
治療費など、これから先のお金の心配。

「社会的苦痛」……
他人に迷惑をかけてしまうことへの苦痛。


しかし、本当の苦痛は別に存在します

それは、魂の痛みと言われるもので、その正体を
「スピリチュアルペイン」と呼びます。


スピリチュアルペインとは、

「死ぬことが怖くて不安でしょうがない」
「孤独でつらい」
「自分の世界が壊れたみたいで
 生きていることが苦しい」
「自分の生きる意味や価値がわからなくなった」
「なぜ自分だけこんなつらい苦しみを
 味わわなければならないのか」
「家族と二度と会えなくなると思うとつらい」

というような、心の内面にそった痛みなのです。


この魂の痛みは、
ガンなどで残された余命を生きるほとんどの患者に
必ずと言っていいほど現れるものです。

そうした痛みをケアするのが、
終末期ケアと呼ばれるもので、

患者のスピリチュアルペインを和らげ、
「いい人生だった」と思って
この世を去ってもらうための看護です。

現在では、こうしたケアを
「スピリチュアルケア」
とも呼んでいます。


さて、こうしたスピリチュアルペインを
どう克服し、残される家族も
どう接していけばいいのか。

そんな思いから生まれた本があります。


『こころの終末期医療』
(入江吉正・著)
こころの終末期医療

この本は、脳梗塞など3度の死の淵から生還した
老ジャーナリストが抱いた、
魂の痛みに救いを求め、
終末期医療の現場やこれまでの取材を通じて、
スピリチュアルペインの正体を探っていく本です。


実際に終末期医療の現場から
聖路加国際病院のチャプレンの
ケア現場の話を聞き、
かつて氏が取材して出会った人たちから
スピリチュアルペインを乗り越えていきます。


取材には、
それぞれが感じたスピリチュアルペインと
それをどう克服していったか
取り上げていきます。


・参議院議員の三原じゅん子さん
・元横浜ベイスターズ投手の
 故・盛田幸妃さん
・女優の音無美紀子さん
・華道家の假屋崎省吾さん
・俳優の故・萩原流行さん
・元NHKアナウンサーの山川静夫さん
・日産GT-R開発者の水野和敏さん


そして、
スピリチュアルペインを乗り越えて
安らかに亡くなられた方、
そこから脱出できずに亡くなられた方……

さらに、
最期を看取る家族医療スタッフまで、
スピリチュアルペインというテーマを軸に
悲喜こもごもストーリーが展開します。

あなたも人生に一度は必ず抱く魂の痛み、
「いい人生だった」と言える生き方
を考えさせられるはずです。



【目次】
まえがき 魂の痛みに立ち向かう旅へ 
第一章 死に直面して初めて気づく魂の痛み
第二章 なぜ人はスピリチュアルペインという
    痛みを抱くのか?
第三章 スピリチュアルケアに向けての旅
第四章 スピリチュアルケアの現場から
    心の救いを見つける
第五章 心の安寧と幸福を求めて
あとがき 旅の終わりに



1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!