shutterstock_359713127
生命維持を自動的に制御する自律神経

自律神経を整える食事を紹介する前に、
大前提となる話をしておこう。

それは、

「自律神経とは何か」

ということだ。

人体には大きく2つの神経がある。

それが「随意神経」と「不随意神経」だ。

随意神経とは、文字通り
自分の意思でコントロールできる神経のこと。

たとえば転びそうなときに
足を前に踏み出すといった
筋肉の働きを司っている。

瞬間的な反射であっても、
大脳が随意神経をコントロールして対応する。

この随意神経には、運動神経と感覚神経がある。

一方、不随意神経は、
自分の意思でコントロールできない神経のことで、
内臓の働きをつかさどっている。

たとえば、道路を渡ろうとしたら、
反対車線から猛スピードの自動車がきた。

私たちは随意神経でそれをよけるが、
恐怖を経験したことで、心臓がドキドキしたり、
喉が渇いたり、手から汗が出たりといった
反応が現れる。

このような反応を引き起こすのが
不随意神経であり、自律神経だ。

基本的には生存や生命維持に関わる反応を、
自動的にコントロールしている。

この自律神経にも2種類あり、
交感神経、副交感神経に分けられる。

わかりやすく言えば、

■興奮して活動的になるのが「交感神経」
■体を休息させるのが「副交感神経」

と覚えてもらえればいいだろう。

交感神経は、興奮・緊張・ストレスなど
人体を活発化させる。

やる気や集中力を出して戦うときに
優位になる神経だ。

個体としての生存が脅かされる状況では、
交感神経が活発になり、不安、焦り、動悸などの
多様な反応が出る。

急激に強い光を見たときに瞳孔が閉じる、
おいしそうな食べ物を見て唾が出る、
血圧が下がってくると血管を収縮させ
血圧を上げようとする、
酸素が必要なときは呼吸が速まる、
などもすべて同様である。

一方、副交感神経は、
休息・リラックス・快復など人体を落ち着かせる。

体を休息させ、回復させる神経である。

夜寝る前のリラックスしたときや
寝ているときなどの休憩中、
ゆったりとした呼吸をしているときなどは、
副交感神経が優位になっている。

大切なのは、この交感神経と副交感神経の
バランスがとれていることだ。

この状態を「自律神経が整う」という。

私たちはたいてい日中活動的になるため、
交感神経が優位になっている時間が長い。

この状態がずっと続いていると、
体の疲れやダメージが
抜けない状態になってしまう。

そこで、人体は副交感神経を優位にすることで、
体を回復させる方向に向かおうとするのだ。

この2つの自律神経が
バランスよく働いていることで、
健康な心と体の状態を保つことができている。
自律神経 図


自律神経は脳を介さず働く

交感神経と副交感神経の切り替えは、
基本は自動的に自律神経が脳を介さず行っている。

たとえば、

タンパク質が必要なときには
消化管が勝手に調節し、
タンパク質をより吸収するようになるのだが、
それは脳が指令を出すわけではなく、
消化管の自律神経が行っている。

あるいは、もう十分に栄養分を摂ったので、
体に入れないようにしようという判断も、
脳ではなく腸の自律神経が判断して
吸収力を落としている。

緊張すると下痢をする人、便秘になる人がいる。

一見すると両極端なように思えるが、
ストレスが腸の自律神経に影響を与えて
下痢・便秘になる仕組みは同じである。

本来、ストレスは
脳の大脳皮質で感じて視床下部に影響を与え、
体のあちこちに不具合を起こすが、
一度特定の部位にストレスの経路ができると、
大脳と関係なくその部分の自律神経が
反応を起こす。

腸の蠕動運動は自律神経によるものなので、
ストレスの影響を受けると、
すぐに下痢・便秘になるのである。

近年、過敏性腸症候群(IBS)になる
患者さんが多いが、この疾患はまさしく
自律神経の過剰な反応によって起きている。

このように消化のレベルでは、
非常に高度な判断を自律神経が
コントロールしており、
そのために食べ物との関係を
密接なものにしている。

また、免疫も自律神経の働きのひとつである。

体に有害な物質は排除して、
無害な物質だけを入れようとする。

もし有害な物質が入ってきたら、
それに対する防御反応をする。

このような免疫の働きは、
イコール自律神経の働きである。

そのため、自律神経失調症になると、
免疫のトラブルも出やすくなる。


この食事で自律神経は整う
この食事で自律神経は整う
溝口徹 (著)



※書籍の詳細を見たい方は、
 上の画像をクリック!



1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!