子どもに怒りそうになったら、「第一感情」を伝えよう
心配や不安がイライラの素(もと)

感情には2種類あります。

不安、悲しみ、苦痛、ストレス、寂しさ、絶望などは
第一の感情です。

この第一の感情をもとにして感じるのが怒りです。

つまり怒りは第二の感情なのです。

たとえば、日が暮れても子どもが帰ってこないとき、

「どうして帰ってこないのかな。連絡もしないで」
「帰って来たら厳しく言わなくちゃ」

とイライラしたとします。

このイライラの第一感情は心配です。

子どもに何かあったのではないかと
心配しているのです。

時には期待が第一感情のこともあります。

たとえば、ジュースをこぼした子どもに対する
第一感情は

「落ち着いた行動のとれる人になってほしい」

でしょう。

でもそれが裏切られたためにイライラして、

「何やっているの!」

と言うことになります。

できない子ども、
自分の言った通りにやらない子どもに対して、
親が腹を立てているということになるわけです。
マンガ子育て

勉強しない子どもに自分の後悔を伝える
宿題をしない子どもに対して
「勉強しなさい!」と怒鳴るのも
第二感情ではないでしょうか。

私は小学校5年生の息子に対しては、
自分が勉強に対してどう思っているのかという
第一感情を伝えています。

「パパも小さいころはあまり勉強しなかった。
 おばあちゃんは『勉強しろ』と言わなかった。

 そのときは楽しかったから、
 よくわからなかったけれど、
 大きくなってとても後悔している。

 今さらなんだけど、パパが嫌がっても
 『勉強はやったほうがいい』と言ってくれれば
 よかったと思う」

このように「もっと勉強すればよかった」という
後悔を伝えました。

すると意外な一言が返ってきてびっくりしました。

「さすがに最近まずいと思うんだよね」
「何が」
「だって勉強してないじゃん」

いい気づきだと思いました。

そう感じているなら、いつかスイッチが入り、
勉強をやりはじめるでしょう。

小学校中学年くらいになると、
こうしたコミュニケーションがとれるようになります。



マンガでよくわかる 子どもが変わる怒らない子育て
マンガでよくわかる 子どもが変わる怒らない子育て
嶋津良智 (著)






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!