shutterstock_419562898
「音瞑想」とは?普通の瞑想と何が違うのか?

音瞑想とは、文字通り、
音を使って瞑想する方法のことです。

ここで私の言う「音」には、声も含まれています。

声も私たちの体という楽器が奏でる
至高の音なのです。

そして、特有の周波数を使用した音楽なども含め、
本書では音瞑想と言わせていただきます。

普通の瞑想と音瞑想は何が違うのか、
と思われたかもしれません。

通常の瞑想だけでも、
様々な効果があるといわれています。

集中力を高めたり、発想力や創造力を高めたり、
共感力を高めたり、脳疲労や不安感を取り除いたりする
効果が得られます。

一方、音瞑想は、
特定の音や自らの声を使うことで、通常の瞑想に加えて、
それ以上の効果を発揮してくれるのです。

音瞑想の主な特徴は次の通りです。

・一瞬で瞑想モードをつくり出す
・「1つに集中すること」が簡単
・脳疲労を解消する
・邪気を解放する
・無意識レベルで心の情報を書き換える
・3つのエネルギー体に影響を与える
・複数の人と行うとよりパワフル
・時間、お金、人間関係が整う
・真のヒーリングが起こる
・本来の自分、自分の本質的パワーを取り戻せる

などが挙げられます。

もちろんこれらは、
通常の瞑想では手に入れられないもの、
手に入れるのがなかなか難しいものばかりです。

音瞑想は通常の瞑想を数倍効果的にし、
かつ楽しく簡単に行えるものなのです。

それではここから音瞑想の特徴に挙げた10個を
1つずつ見てきましょう。


より瞑想が深く、簡単になる

音瞑想には、様々な利点と効果があります。

まず、普通の瞑想以上に、
瞑想モードに入りやすいという利点があります。

普通の瞑想を始めてみると、
どうしても集中が途切れてしまったり、
雑念が浮かんできたりすることで、
難しいと感じる方も多いかと思います。

そのことに悩み、
瞑想をやめてしまった経験がある方もいるでしょう。

音瞑想は、時間感覚を忘れてしまうほどの
集中力と心地よさが生まれます。

瞑想状態に驚くほど簡単に
没入できてしまうのです。

実際、私の行っている音と声の瞑想会では、
皆様が口をそろえて、

「えっ!?
 もう1時間半たったの!?
 あっという間ですね!」

とおっしゃいます。

それほど瞑想に没頭しやすくしてくれるのが
音の素晴らしさなのです。

これは、音を使った誘導により、
瞑想モードに入りやすく、
集中力も想像以上に持続されるからです。

カナダのウェスタンオンタリオ大学の
Ruby Nadler 博士たちの研究によって、
音楽と映像を組み合わせることで
集中力が高まると実証されています。

心を落ち着かせられるような音楽は、
気持ちを沈静化させ、瞑想モードをつくり出し、
集中力を高めてくれます。

瞑想に取り組むために、
音は大きな助けとなってくれるのです。

また、音楽を聴くことで、
感覚を司る右脳が活性化します。

右脳が活性化することで
雑念が浮かびにくくなる効果もあります。

近年では、音楽家でもあるAnita Collins博士により、
音楽を聴くことで広範囲にわたり
火花が散るように脳全体が活性化することが
実証されています。

脳の様々な神経や領域が反応するからこそ、
私のオススメする音瞑想が
絶大な効果を発揮するのです。


聴くだけで心と体が整う レイキヒーリングCDブック
心身を浄化し、幸せを引き寄せる音瞑想CDブック
村山 友美 (著)

 

1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!