『自分を磨く働き方』 安田 佳生・著
▲フォレスト出版公式インスタグラムより




お金にも人にも媚びず、
常識の名の下に群れず、
安定のためだけに属さない。 

そして「遊び領域」だけが仕事になる。 

それが本来あるべき私たちの働き方の姿――。 

「常識に反発し、
 世の中を斜めに見つづけた変人の思考」が、
本質をつき、人生や時代を切り開く。 


会社を潰した著者だからこそ見つけた 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
斬新な人材コンサルティング事業で
一世を風靡するも、
 
2011年に倒産、そして自己破産に至った
元ワイキューブ社長の著者。 

本書は、その後の葛藤や
奮闘の中で追い求めた「理想の働き方」、 
「仕事をつまらなくしているものの正体」を
明らかにします。 
 
ビジネスマンがやりがいを持ち、
楽しく仕事をするにはどうすればいいのか? 

著者自らが人生を賭して実践、
答えを解き明かした、実験報告とも呼べる書です。 

「仕事がつまらない」
「将来が不安だ」
「給料が少ない」
「自分の能力では無理だ」…… 

本書はそんな悩みを持つあなたの働き方、
人生に一石を投じます。 

あるいは、激変させるかもしれません。 

ちょうど失敗者の屍寸前だったにもかかわらず、 

「働く意味が理解できたいま、
 私の人生はとても軽やかです」

と語る著者のように。 


「まえがき」一部抜粋 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
この本は、社長でなくなってからの私が思い悩んだ
「三つの意味」をまとめたものです。 

それは「会社を経営することの意味」と
「働くことの意味」、

そして「生きることの意味」です。 

すべての財産を失い、
働く目的も意欲も失った私は、
これらの意味を完全に見失っていました。 


なぜ自分は失敗したのか。 
何のために会社を経営してきたのか。 
これから先、何のために働くのか。 
何を目的に生きればいいのか。 

毎日毎日、
ズルズルと過ぎ去っていく日常のなかで、
私は何とかして「自分の拠り所」を
見つけださなくてはならなかったの です。 

過去を引きずり、他人を妬み、
社会を否定しながら生きていた3年間でした。 

でも、その呪縛から解放されたとき、
「生きること」と「働くこと」の
本当の意味が見えてきたのです。 

私がたどり着いた結論は、
至ってシンプルです。
 


書籍のご購入はこちらをクリック
201512_mig『自分を磨く働き方』 安田 佳生・著aku_cov+obi_w500






*インスタグラムで
 フォレスト出版の書籍を投稿しよう!

あなたの撮った写真が
ブックリストに掲載されます!

「#フォレスト出版」と書いて
投稿してくださいね!!