こんにちは。
フォレスト出版編集部です。

発売2カ月
【8刷・5万部】
を突破した書籍

201502_mendokusai_cov+obi_w500

『「めんどくさい」がなくなる本』(鶴田豊和・著)
定価:本体1400円+税


もうお読みいただけましたか?


【ビジネスパーソン】はもちろん、
【OL】【主婦】【学生】など、
幅広い層の方から支持をいただいています。


全国から届いた
読者の声を一部ご紹介します。


めんどくさいという感情は多くの人が持っていて、
行動へのブレーキとなっているが、
それの対処の仕方を教えている人はいままで知らなかった。
画期的な本であると思う。
(兵庫県・30歳男性)


心の縛りから解放されました。
生きていくことが楽しくなりそうです。
(東京都・63歳男性)


この本に書いてあるやり方を1つずつ毎日やっていて、
人生が変わるのを楽しみにしています。
3カ月後がまず1段階。毎日楽しんでいます。
(岡山県・50歳女性)


自己啓発などの本で、頭で考えたやる気で
行動を起こそうとしていたのですが、なかなか持続しませんでしたが、
その理由がよくわかりました。ありがとうございます。
(東京都・41歳男性)


本当にありがとうございます!


さて、このブログでも、
複数回にわたってご紹介している本書ですが、


▼本書の関連記事はこちら
◎【究極メソッド】毎日の「めんどくさい」をスッキリ解消する方法

◎【実証】「行動するのが、めんどさい」をなくす4つの原則

◎【解消メソッド付き】「めんどくさい」を引き起こす5つの考え

◎【実践テクニック付き】「めんどくさい」ことを、自然とできるようにする方法

◎【お得情報アリ】人は、どんなときに「人間関係が、めんどくさい」と感じるのか? 

◎【裏ワザ】「めんどくさい」相手と、ストレスフリーで付き合う方法

◎【めんどくさい解消】「やらなきゃ」と思わないようになるための2つのステップ

◎【大反響!】美女たちの「めんどさい」が消えたメソッドとは?



今回は、本書の中から、
「めんどくさい」を引き起こす人が、
最初に考えてしまうこと
についてご紹介します。


「めんどくさい」を引き起こしてしまう
思考グセとして、
本書では、次の5つを挙げています。


々佑┐襪海箸藁匹い海箸
効率的にやりたい
最初から良い結果を出したい
ち択肢が多いほうがいい
イ任なかったら、それは私の意志が弱いから


いずれも、
何かを始めようと思うときに、
誰もが考えてしまうことが多いものばかりですよね。


むしろ、
そうしたほうがいいと思っているかもしれません。


しかし、行動心理コンサルタントとして
5000人以上の悩みを解決に導いてきた
著者・鶴田さんは、
これらこそが「めんどくさい」という感情を引き起こし、
私たちの行動を阻んでいると指摘しています。


その中でも、


マジメな人、一生懸命な人ほど
よく陥りがちなのが、


最初から良い結果を出したい


だと言います。


どうせ始めるからには、最初から良い結果を出したいと、誰もが思うでしょう。 どうせネットオークションに出品するんだったら、売れるようになりたい。 どうせ英語学習を始めるんだったら、できるようになりたい。 どうせブログを書くんだったら、人気ブログにしたい。
 
しかし、それだと、行動するためのハードルが一気に上がってしまい、行動を起こせません。「最初から良い結果を出したい」という人に対して、私は、「まず失敗を目指してください」と言っています。
 
以前、「インターネットのオークションサイトで商品を売って稼ぎたい」と言う人の相談に乗ったことがあります。その人は、ネットで稼ぎたいという気持ちがありましたが、実際、ネットで商品を販売しようとすると、めんどくさいと感じて行動に移せませんでした。
 
こうした人は、次のようなことを考えます。
 
やるなら、絶対売りたい。売るためには、コピーライティング、文章が大事だ。コピーライティングを学ぼう。そして、次に写真。写真を撮るには今の家は散らかりすぎている。まずはそこを片付けるところから始めよう。それから照明。照明器具とか専門器具が必要なんじゃないの? 普通に撮ったら売れないんじゃないの? それでインターネットで照明の器具を探し始めます。
 
そんなことをやっていたら、いつの間にか「あんまりやる気が湧かないな。もう疲れたから、明日でいいや」と考えるようになって、結局、行動しなくなるのです。
 
ネットオークションに限らず、皆さんもこのような経験はありませんか?
 
私にも経験があります。結局、何事も、初めてやるときというのは、一番大きなエネルギーが必要なのです。
 
よく自己啓発の本に、「自転車は漕ぎ始めるときに、一番大きなエネルギーが必要」と書いてありますよね。最初から良い結果を出そうと思っていたら、それは、非現実的なのです。そう思っただけで、行動できなくなってしまいます。


さらに鶴田さんは、まずは


質よりスピードを優先したほうがいい


と言います。


私は、その相談者に、わざと失敗してもらうように、オークションサイトに登録して出品してもらいました。「説明文も『これはバッグです』とひと言だけ書けばいいのです。写真も掲載しません。とにかく、誰からも絶対に購入されないように出品してください」とお伝えしました。
 
すると、その人は心が軽くなり、あっという間に出品することができました。
 
もちろん、商品は売れませんでしたが、その後少しずつ改良を重ね、今では、ネットでバリバリ稼ぐようになっています。
 
誰でも最初の一歩が一番大変ですからね。そこさえ乗り切れば、あとはなんとかなるものです。最初は、質よりもスピードを重視することが大切です。やっていくうちに、質は自然と上がっていきます。


見切り発車でもいいので、とにかくやってみて、


たとえ失敗したとしても、
失敗は未来の糧になる


というわけですね。


いかがでしたか?


本書では、

【行動するのが、めんどくさい】
【人間関係が、めんどくさい】
【何もかもが、めんどくさい】


に対するメカニズムと対処法を、
「効果実証済み」の心理メソッド
を交えながら、わかりやすく解説しています。


本書は、
全国書店で大きく展開中です。

紀伊國屋浦和パルコ店


▲紀伊國屋書店浦和パルコ店


喜久屋書店小倉店

▲喜久屋書店小倉店


紀伊國屋書店梅田本店

▲紀伊國屋書店梅田本店


ぜひ書店で見かけたら、
チェックしてみてくださいね。


▼今回ご紹介した本はこちら

201502_mendokusai_cov+obi_w500

『「めんどくさい」がなくなる本』(鶴田豊和・著)
定価:本体1400円+税







1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








モチベーション維持プログラム