達成への鍵


こんにちは。
フォレスト出版です。

大好評をいただいた
目標達成に関する無料セミナー
WEB版がまもなく開催されます。


達成の科学


詳細も以下からご確認いただけます。

第1回の開催は3月31日(火)ですので、
本日中にお申込みください。


気になるセミナーの内容ですが、
テーマは『目標達成』『セルフコーチング』
 
そして、あの“世界No.1目標達成コーチ”
マイケル・ボルダック氏のコア・メソッド
を、
完全無料で公開しています!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■達成できそうな願いでも
 あなたがそれを達成できない理由 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

あなたには、
「叶えたいけど、現実には難しいだろうな……」
という願望がありますか?

言うまでもなく、
人生はたった一度きりです。

にも関わらず、
多くの人は「半ば諦めた願い」を持ちながら
毎日を送っているのです。


この「半ば諦めた願い」には2種類あります。

1つは、誰が聞いても、
「確かにそれは難しいかもね」
と思うような願い。

そしてもう1つは、
「え、それ頑張れば実現できるんじゃないの?」
と人から言われるような願いです。


実は多くの人が、
この「人から見れば達成できそうな願い」を持ちながら、

 ● 家族に反対されるから。
 ● 経済的な不安があるから。
 ● 失敗したら怖いから。

などなど、様々な言い訳をしながら、
行動にうつすことができないのです。


あきらめてしまう


一体なぜなのか?


それは、現代の日本人が、
【出来ること】よりも【出来ないこと】
フォーカスを当てる傾向を持っているからです。

例えば【出来る理由】が仮に10個あったとしましょう。

ここで【出来ない理由】が5個あったとしたら、
あなたは、行動を起こそうとしますか?

……出来ない理由が5個もあると、
ちょっと二の足を踏んでしまいますよね?


このように、通常の現代日本人の思考だと
いくら【出来る理由】がたくさんあったとしても
【出来ない理由】が複数個あった時点で、

「これは実現が難しいこと」

というレッテルを貼ってしまいます。


【出来ない理由】の方にフォーカスがあたっているので、 
【出来る理由】の個数はニの次で、
【出来ない理由】の個数で行動するかどうかを決めるのです。

とはいえ、
【出来ない理由】がゼロのチャレンジなんていうのは
世の中にはほとんど存在しません。

そういった理由から、
多くの人が現状維持の生活に
甘んじてしまうことになるのです。
 

では、これを解消するには
どうしたらいいのでしょう?


―簡単です。


【出来ない理由】ではなく、
【出来る理由】に対して
フォーカスできるようになればいいのです。


フォーカスを変えられれば、
自分の思考や、物事に対する反応を
変えることができるようになります。


いままで自然と「出来ない」と思っていたことが
自然と「出来る」と思えるようになれたら―。

行動力がどれほど劇的に変わるか、
あなたは想像できますか?


もし、そんな劇的な変化を得たいとしたら、
ぜひ無料の実践講座に参加してみてください。
 

達成の科学


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

今回、マイケル・ボルダック氏
『達成の科学』の理論を
無料公開することにした理由。

それは、書籍『達成の科学』のヒットを受けて、
今、多くの日本人が【科学的な願望実現ツール】
求めているということを、

マイケル自身はもちろん、
『達成の科学』に関わるすべてのメンバーが
確信したからです。

「成功法則というものが
 世の中に溢れかえっている今こそ、
 誰もが結果を出せる“成功の科学”を
 求めているのではないか」

そうマイケルは語ります。


科学的とはつまり、
再現性があるということ
です。


科学的と自称するということは、
「誰がやっても同じ結果が出る」
と、自信を持って宣言することなのです。


『達成の科学』の書籍では、
この【科学的な願望実現ツール】
余すところなくご紹介しました。

しかし「どうやって使いこなせばいいのか?」という
実践的なところになると、
書籍だけでは伝えきれないのもまた事実です。


そこで今回、こういった無料の講座で
より詳しく『達成の科学』について
ご説明する機会を設けました。


詳細も以下からご確認いただけます。

第1回の開催は3月31日(火)ですので、
本日中にお申込みください。

達成の科学










1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








マイケル・ボルダック『Fear_into_Power』