15-20


こんにちは
フォレスト出版の中原です。


先週から販売開始となった

top2

『「右脳言語野の覚醒」特殊音源プログラム』
天才的クリエイティビティで宇宙に新しいゲシュタルトを生み出す方法



ですが、怒涛のお申込みを
頂いております。


やはり、久々の特殊音源プログラムとあって、
販売開始前から非常に注目度が高かったようです。

今回の初回ロット数は、わずか1000本のみ。
すぐに完売することが予想されますので、
お早めのご決断をおすすめします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       
■私たちに欠けていたのは思いもよらないものでした
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたは、次のようなことを
思ったことはありませんか?


●論理力は鍛えたけど、
 どうやったらクリエイティビティが上がるかわからない

●インスピレーションは所詮センスだから
 どうにもならないんだろうか?

●難しい概念のゲシュタルトを作ることが苦手……

●英語はある程度勉強したのに、
 外国人と上手く意思疎通できない……

●いつも余計なことを考えてしまい、
 集中力がない……

●アーティスティックなセンスのある人に憧れるけど、
 どうしたらいいかわからない……

●企画力、コンセプトメイキング力をつけたい!

●情報空間で付加価値を作って、
 お金持ちになりたい!

●共感覚というのもの体感してみたい……

●プロフェッショナルとしてグローバルに活躍したい!


もし、こんなことを思ったことがあるなら、
“右脳言語野”について学んでみてください!
この脳の部位に、あなたのクリエイティビティを開発させるカギが
隠されているのです。 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 
■コンテンツよりコンテクスト      
      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたがクリエイティビティを
高めなければいけない理由は3つあります。

その1つ目は、
「インターネット社会の到来に伴う情報のコモディティ化」です。


誰でも好きなときに情報にアクセスできるようになったので、
情報の個性がなくなり、
どこにでもあるような汎用品になってしまいました。


このことを「情報のコモディティ化」といいます。


情報格差、知識格差だけを利用して
ビジネスをやってきた人たちは、
この現象により苦しくなってきています。


この問題を突破するために必要なのは、
「コンテクスト」です。

映像、音声、文字、数字など物理空間で
認識できるものをコンテンツと呼ぶのに対し、

コンテンツの背景にある文脈や前後関係など、
情報空間でしか認識できないニュアンスまで含めたものを
「コンテクスト」といいます。


「コンテクスト」を創り上げることで
同じ情報を扱っていたとしても、
情報空間における付加価値は変わってきます。

これがここからの時代を
生き抜くためのポイントなのです。

そして、この「コンテクスト」を上手く扱うために
必要なのがクリエイティビティなのです。

※その他2つの理由を知りたければ、
 ブログの最後にある
 『右脳言語野の覚醒』特殊音源プログラムの詳細ページをご覧ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       
右脳言語野という新しいコンセプト
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨今、マッキンゼーを始めとする
外資系コンサルティングファームのメソッドを紹介した
ロジカルシンキングを鍛える本は、巷に溢れかえるようになりました。


しかし、その一方で
クリエイティビティ、ひらめき、インスピレーション
といった能力を高める方法は、ほとんど知られていません……

こんな時代だからこそ
大切な能力がどこにも
語られていないのです。


それもそのはず。
クリエイティブなアイデアだったり、
アーティスティックな作品だったりを生み出す
源泉になっているものは非常にわかりづらく、

創造性の高い分野で成功している本人ですら、
その理論を体系化できている人は皆無に近いでしょう。
                  
sec16_photo

しかし、脳機能の専門家である苫米地博士は、
fMRIでの測定結果に言語学的コンセプトを融合させ、
“右脳言語野”という全く新しい概念を生み出しました。


この“右脳言語野”
クリエイティビティの秘密が隠されているというのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       
まずはサンプル特殊音源を聴いてみてください
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


情報空間で圧倒的な付加価値を
創造するためのクリエイティビティ。

その力を発揮するためのカギを握るのは、
“右脳言語野”だとご説明してきました。
では、どうやったら、この部位を鍛えられるのか? 

その方法は
“右脳言語野”を覚醒させるために開発された
オリジナル特殊音源を使うのです。

リンク先では、その特殊音源のサンプルを
聴くことができるので、ぜひお試しください。 



▼特殊音源サンプルと教材の詳細はコチラ

top2

 






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!