a1380_000167



こんにちは、フォレスト出版編集部です。

今日は、明後日2月7日(土)に
新刊『ストレスが消える朝1分の習慣』が発売になる、
精神科医の西多昌規先生に、この本に込めた想いをうかがっていきます。


ストレスが消える朝1分の習慣


前回は、「仕事でのストレス耐性を強くする技術」をテーマに、ストレス負荷のバランスや、自分の能力を発揮する方法についてお話をお聞きしました。

▼仕事でのストレス耐性を強くする技術

▼この無駄な努力はストレスでしかない

▼上司の話は"低姿勢"で右から左に"聞き流す"

▼心の疲れは、生活リズムの崩れで起こる!

▼「○○が浅くなる」はストレスフルの黄色信号

▼ストレスによって能力は下がってしまう!


今回は、
最新刊への想いと、どんな人に読んでもらいたいかについてお伺いしました。



本日もぜひ最後までお付き合いください。


インタビュアー:担当編集 森下
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

森下:
この本はどういう人に、どんなメッセージを伝えたいと考えてご執筆されたのですか?

西多先生:
ストレスという言葉自体が一般的になってきています。簡単に言うと、あれこれ刺激を受けて、つらいということをストレスと考えている方が多いと思います。

朝起きて、会社に行くことがストレス。働かなくてはいけないことがストレス。家族の面倒を見なくてはいけないこともストレス。一人でいることも、人によってはストレスです。

ストレスのない生活はありえません。ストレスがなければ、刺激がないわけですから、ボケてしまいます。ストレスは、適度に必要なのです。

しかし、心を消耗させ、体に変調をもたらす悪いストレスが確実にあります。その中で、うまくストレスと付き合っていくべきです。

ストレスで、押しつぶされた人、押しつぶされそうで困っている人は、何らかの自助努力的なものは必要です。今より少しだけ生活習慣に気をつけるだけで、医者にかからずにすむのです。

もしくは、仕事を頑張っていて、ストレスもあるけれど、もう少し能力を伸び伸びと発揮したい。もう少し、ストレスをうまく操って元気にやりたいという人はいると思います。そういう人に読んでもらいたいです。

今回書かせていただいた内容は、男性向けとか女性向けとかというわけでもないし、年齢層も限定せずに、使えるノウハウにしています。
メインは、働いている人に向けて書いていますが、働いていなくても、勉強をしている人や、主婦として日常で頑張っている人にも役立つように考えました。


森下:
この本は、朝1分でストレスを解消していくという内容ですが、本書の狙いはなんでしょうか。

西多先生:
ストレスは、生活のリズムの乱れにより大きくなっていきます。そこで、今回は、生活のリズムを整え、うまくストレスと付き合っていこうというメッセージを込めています。

手軽にできることから始めて、生活のリズムを整えられるようなノウハウを描かせていただきました。

1分の習慣を50個やったら50分かかるだろう、という人もいらっしゃるとは思いますが、1分でできることを1つでもいいから、自分に合ってノウハウを実行してもらいたいと思っています。

考え方を変えてストレスを軽減させるのもいいとは思うのですが、それは難しいことです。時間もかかります。ましてや、性格まで変えて、ストレスを受けにくい人間になろうというのは難しいのです。

だから、なるべくすぐできるような、ある意味、チープな習慣で生活習慣を改善して、ストレスを軽減してもらいたいなと思っています。


森下:
難しいことではなく、できることを実践するということですね。

西多先生:
そうですね。できることからやるというのは非常に大事で、いい習慣が身につきやすいのです。
理想が高いと実行できません。極端な話、一項目でも記憶に残って取り入れられればそれで、ストレスが軽減できるように意識して書きました。

family-557122_640



森下:
今まで書かれている本と違う点はありますか?

西多先生:
今までのストレスマネジメントの本というのは、1日を通しての、朝昼夜関係ないトータルの助言が書かれています。

今回は朝にやることに絞って書きました。結局、朝が昼にも夜にもつながっているので、朝の習慣をテーマにしたのです。

あとは、科学的根拠をもとにするようにしました。そして、実行しやすいように、わかりやすさを優先して書いています。さらっと書いてあるようですが、内容は信用していただいて大丈夫です。


森下:
どんなときに、読んでもらいたいですか?

西多先生:
ちょっと本でも読めるかな、とふと思ったときにふらっと読んでほしいです(笑)。そして、自分でもできそうだと思ったら、本の端でも折って実行していただければと思います。

読める時に読んでもらえればいいですね。この本を読むこと自体がストレスになるとあんまりよくないですよね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いかがでしたでしょうか?

「ストレスを解消する方法がストレスになってしまう」のでは、本末転倒ですよね。小さなことでも、気軽にできる事から始めてみてはいかがでしょうか?

西田先生による、医学的根拠に基づいたストレスを消す習慣が、「39個」もつまった最新刊は、2月7日から全国書店の新刊コーナーに並び始める予定です。

書店で見かけたら、お手に取ってみて、自分にピッタリのすぐにストレスを解消する習慣を見つけてくださいね^^


▼間もなく発売!
精神科医の西多昌規先生の最新刊
『ストレスが消える朝1分の習慣』

ストレスが消える朝1分の習慣








1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








モチベーション維持プログラム