留学や英会話スクールの言語習得における決定的な弱点


こんにちは、
フォレスト出版です。


「留学する余裕はない。でも、英会話スクールなら何とか通えそうだ。
英会話スクールで勉強しながら、英語をじっくりマスターしよう」


英語を真剣に勉強しようと考えている人ほど、
こうして英会話スクールに通う人も多いことでしょう。


しかし、英会話スクールに通って、
英語ができるようになった人をまず見たことがありません。


おそらく、ほとんどの人は、
留学しても、英会話スクールに通っても、
英語をマスターすることはできないでしょう。

これはいったいなぜでしょうか?


実は、留学も英会話スクールも
言語習得のサイクル上、決定的な弱点があり、
いつまでも英語がマスターできないのは、
そのせいではないかと考えています。

では、両者における言語習得サイクル上の
決定的な弱点とはいったい何でしょうか?


英会話スクールの決定的な弱点とは?


両者の決定的な弱点。
それは、インプットとアウトプットを同時に行う点です。


赤ちゃんが言語を習得する過程を思い浮かべてみてください。

赤ちゃん


赤ちゃんが言語を習得する際には、

必ず「言語をしゃべらない期間」が存在します。


実は、この期間を言語学では、
「サイレント・ピリオド」
と言います。


たとえば、赤ちゃんは、生まれてすぐに
「お父さん」「お母さん」などとは言いません。


一定の沈黙期間、
つまり言語をインプットする期間を経て、
次第にアウトプット(=発語)をするようになる。

これが、言語習得の自然な流れです。


これに対し、
英会話スクールはどうでしょうか?

たとえば、

「How are you? (元気?)」
というフレーズを覚えさせ、その場ですぐに

「Fine! (元気だよ!)」
と発語させます。


留学も同様です。
まわりの人たちと会話をするためには、
インプットもそこそこに、強制的にアウトプットをするしかありません。


つまり、留学も英会話スクールも、
ともに言語を習得する上で必要不可欠な
【サイレント・ピリオドを作ることができない】のです。


インプットとアウトプットを同時に、
延々と繰り返すしかありません。


たしかに覚えたフレーズをその場その場で使えば、
さも英語で会話をしている雰囲気を味わえることでしょう。


1つ1つのフレーズを暗記するたびに、
英会話が上達しているように感じるかもしれません。


それは錯覚にすぎません。

たしかに、インプットしたフレーズを
その場でアウトプットしながら覚えていくという勉強法は、
一見効率よく見えます。


しかし、言語習得の自然な流れからすると、
サイレント・ピリオドを作らない勉強法は、
いかに逆行したものであるか、アナタなら
お分かりいただけるのではないでしょうか?


英語をマスターしたいのであれば、
言語習得の自然な流れを無視してはいけません。


言語習得に適した自然な流れを無視して勉強をしても、
時間と労力がかかるだけで、思ったほどに成果は出ないものなのです。


では、言語習得サイクルの自然な流れとして、
あなたの英語学習にサイレント・ピリオドを取り入れるためには
いったいどうすればいいのでしょうか?


サイレント・ピリオドを作る方法

意識しなければならないのは、
インプットとアウトプットを切り離すこと。


つまり、インプットを行った後、

「一定の沈黙期間」=「サイレント・ピリオド」

を意図的に作るのです。


さらに、

「英語を習得したければ日本語を使ってはいけない」

という理論を目にすることがありますが、
その方法は厳しいとあなたも思っているはずです。


たしかに最終的には、日本語を使わず、
「英語を英語でとらえる感覚」=「英語を聞いて即イメージ化できる能力」
を身につける必要がありますが、
ある程度英語ができるようになるまでは、
日本語を使ってかまわない
のです。


脳の構造として、自分に関係ないもの、
理解できないものはスルーをしてしまうという傾向があります。


もし、日本語を使わず、
英語だけで英語を学ぼうとすると、
自分に関係のないものとしてスルーされてしまう危険があります。


そうしたことを避けるためにも、
はじめは和訳を見てかまいませんので、
和訳で英文の内容を理解し、イメージを頭の中につくりましょう。

イメージがしっかりできたら、
再度CDやDVDなどを聞きながら、そのイメージをリンクさせていきます。

英語を聞いたら即イメージ化できる感覚を、つかんでください。


「サイレント・ピリオド」を作るのに最適な方法

この「サイレント・ピリオド」をつくるのに、
最適な英語教材が

『小川麻琴のドラマチック・イングリッシュ』
boxart
http://v6.advg.jp/adpv6/r/7py_12DM

です。


本教材は、スキマ時間でも見やすいよう、1話5分の
日常における様々なシチュエーションによるドラマで
構成されています。


5分という短い時間で区切りがつけやすく、
サイレント・ピリオドの時間にすぐに入れます。

ドラマでは、日常によく出る英会話だけでなく、

TOEICテストで注意すべきポイントやスコアアップのコツを

主演のモーニング娘。OGでTOEIC800点を取得した

小川麻琴さんが教えてくれます。

A


通常のCD学習と違って、
ドラマで脳に映像化されるため、
生活の一場面をバーチャルに体験することが可能。

そのため、臨場感・リアリティが高く、長期記憶化には最適です。


他にも、全10本の講義映像やインタビュー映像、
TOEIC模試1回分も収録されています。


ぜひ、来年こそは、本教材で
「サイレント・ピリオド」をつくり、
使える英語力を手に入れましょう。


▼英語学習の新時代、ぜひ体験してみて下さい
http://v6.advg.jp/adpv6/r/7py_12DM


本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。









1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








ビジネス・バリュー・ディタミネーション