感情をフラットにする最もシンプルな方法



こんにちは
編集部のイナガワです。


2015年を迎え、
あなたも今年の抱負や目標を立てたと思います。


目標の立て方はいろいろあると思いますが、
さて、そこに向かっていざ行動を起こそうとすると……。

……どうも止まってしまう。

そんなことはありませんか?


年が明けて心機一転がんばるぞと思っても、
そのままのモチベーションが保てない……。

実はこれ、当たり前なのです。


多くの人はプラス思考で行動しようとします。

しかし、嫌なことがあったり、失敗があったり、
何がなんでもという義務感だったり、
または、人間関係によって悩んだりと、
常にプラス思考でいることのほうが難しいからです。


それよりも、思考の奥底に眠る「感情」
常にフラットにすることができれば、
人は思考と行動を停止させる
マイナスの意識を消すことができます。

これができて初めて、思考を転換できるのです。


では、感情をフラットにするにはどうすればいいでしょうか?


その答えは、
これまで7万2000人以上の事業経営者、投資家、
プロスポーツ選手、芸能人、会社員、主婦から学生まで、
さまざまな目標の実現と問題解決をしてきた
著者・久家邦彦氏が、彼らとともに編み出した方法があります。


『なぜ、あなたの思考は現実化しないのか?』
なぜ、あなたの思考は現実かしないのか?

久家さんは本の中で、
感情をフラットにするシンプルな習慣を4つ挙げていますが、
今回はその中の第1の習慣について紹介します。


【以下、本文より】
-----------------------------------------------------------------------------------------------
第1の習慣「感謝の言葉100日間プログラム」

●「ありがとう」が感情をフラットにする
第1の習慣は、「感謝の言葉100日間プログラム」です。
これを活用することで、あなたの心の内に存在する
マイナス感情を浄化してフラットにし、
かつあなたの「自己尊重レベル」を高めていきます。
あなたの心の内にあるマイナス感情が消えると、
相手との関係が変わります。
簡単にできるので、1つずつステップを見ていきましょう。


【ステップ1】 嫌いな人、気が合わない人を1人決める
まず、あなたの気が合わない、苦手な人、
嫌いな人を1人思い浮かべてください。
これから100日間続けていくうえでのターゲットになりますから、
1人選んでみてください。


【ステップ2】嫌いな人、気が合わない人に対して感じる感情を知る
嫌いな人、気が合わない人を決めたら、
あなたがその相手に対して感じている感情が何なのかを確認してください。
これはつまり、相手に対するマイナス感情を知ることになります。
怒りなのか、不安なのか、恐怖なのか、嫉妬なのか、悲しさなのか……など、
言葉にすることで、相手に対するマイナス感情を明確に知ることになります。
このように自分のマイナス感情を明確に言葉にして理解しておくと、
より効果が期待できます。


【ステップ3】マイナス感情を数値化する
嫌いな人に対する感情を言葉にしたら、
その人に対するマイナス感情を数値化します。
「100%が最悪で、0%がマイナスを感じない」という基準で考えて、
何%のマイナス感情を抱いているかイメージしてみましょう。

(例)
100%……最悪に感じる
80%……マイナス感情が強い
30%……たまにマイナス感情を感じる
0%……マイナスを感じない

というように、その人に対する感情のレベルを数値化してみましょう。
もちろん、ざっくりと数値化すればいいので、
あなたが思った通りに決めてみてください。
あなたの主観で問題ありません。


【ステップ4】毎日55回「相手の名前+ありがとう」と100日間言い続ける
毎日1人になったときに、嫌いな人、気が合わない人の名前を言ってから、
「ありがとう」と言葉にして言ってみましょう。
これを毎日55回、100日間続けて声に出して言います。

(例)
「鈴木さん、ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。
ありがとう。ありがとう……」

声に出して言うことが重要です。
たとえ気に入らなくても、とにかく声に出して唱え続けます。
これを100日間続けます。


●嫌いな相手に、最初は感謝できなくていい
嫌いな相手、気の合わない相手に対して、
「ありがとうなんて言えない」と思うかもしれません。

しかし、心配はまったくいりません。
なぜなら、このプログラムは無心で言い続けるだけでいいからです。

感情はあってもなくてもかまいません。
実際は、基本的に嫌いな人や気が合わない人ですから、
ほとんどの人が、初めは感謝の感情なんて起こらないと思います。

お恥ずかしい話ですが、私もそうでした。
営業部長をしているとき、仕事でリストラに近い状況に陥りました。
そのことを伝えられたとき、
ショックと怒りで感情をコントロールなんてできませんでした。
しかし、この出来事がきっかけで、
「感謝の言葉100日間プログラム」が生まれたのです。

ですから、私がやっていたときも、
最初は全然ありがとうの気持ちは出てきませんでした。

でも、このプログラムを人に教えるなかで、「それでいいんだ」と気づいたのです。
とにかく気持ちを込めてありがとうと言うのではなく、
もう無心でただ言うだけでいいのです。

いっさいありがとう、なんて感じていなくても大丈夫です。
ただ、毎日55回繰り返し言う。それを100日間続けてみてください。


●100日間で、感情が浄化される
100日間「○○さん、ありがとう」の言葉を繰り返し唱え続けることで、
あなたの内面にあったマイナス感情が浄化されていくことに、
だんだんと気づくはずです。

マイナス感情が消えると、相手との関係が変わり、
あなたが「ありがとう」と感じる現象(セレンディピティ)に気づき始めます。
たとえば、次のようなことが起こるのです。

▼嫌いな相手、苦手で断れなかった相手と一定の距離ができる。
▼嫌いな相手と一緒にいても、心が苦しくなくなる。
▼嫌いな相手と会っている時間が少なくなる。
▼嫌いな相手との関係が切れる。
▼嫌いな相手のことが「どうでもいいよう」になる。
▼ストレスが減少してくる。
▼心が軽くなる。
▼相手に対してネガティブな感情が生まれなくなる。
▼新しい出会いがある。
▼新しいビジネスが立ち上がる、収入が増える。
▼健康とエネルギーがあふれてくる。
▼毎日が楽しくなる。

自分の感情が浄化され、
心がどんどん豊かになってくることが実感できるはずです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------


あなたもだまされたと思ってやってみてください。
でも、「ありがとう」という言葉は絶大です。

ありがとうと言うだけで、
感情がフラットにできれば、
思考は、正しい思考にもプラス思考にもなれます。


そうした思考ができれば、
おのずと行動ができ、
自動的にあなたの目標は達成されるのです。


「思考は現実化する」という言葉は真理です。
しかしまた、「思考は感情に宿る」というのも真理なのです。

2015年、あなたはどんな年にしたいですか?

まずは、ブレないあなたから始まります。



本日ご紹介した1冊はコチラ

なぜ、あなたの思考は現実かしないのか?





1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








朝倉千恵子「信頼関係の作り方〜超実践トレーニング編」