クリスマスなんてクソ食らえ


こんにちは。
フォレスト出版編集部の寺崎です。


今日は12月25日。
待ちに待った楽しいクリスマスですね。


街を歩けばジングルベルが鳴り響き
マライア・キャリーの
「ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS YOU♪」
がひたすらリピートされています。

All I want for chrismas is you

オール・アイ・ウォント・フォー・クリスマス・イズ・ユー?

「あたしがクリスマスに欲しいのはア・ナ・タだけ」だと?


はぁ〜?


そもそも日本では
「クリスマスは恋人と甘〜くイチャイチャ過ごすもの」
という認識がありますが
これがそもそもふざけた話です。

※おそらく「女子会」を流行らせた
どこぞの広告代理店(D通)がメディア洗脳したのではないでしょうか……。


日本ではこの時期、都内のホテルが満室になったり
小洒落たレストランの予約がいっぱいになったり・・・。


まあ、それはそれで羨ましい話ですが。
外国人からみたら
「オーマイゴッド!」なことみたいですよ。


なにせ、キリスト教圏ではクリスマス=神聖なホリデー。
クリスマスは家族と過ごすのが常識なのです。


でもちょい待った。
つーか、そもそも日本人はクリスチャンじゃなくね?
・・・とか言ってるの、カッコ悪いのはわかってます。
わかってますよ!


でもやっぱり私はこう思うのです

“男なら、クリスマスには背を向けるべき”


「ディズニーのパレードが好き」とか言ってる男。
「今年のクリスマスは〜」とか年甲斐もなく言っちゃう男。


どうですか?

私は嫌いです。


そんなやさぐれモードな心境に共鳴したあなたに
激しくおすすめの本があります。


里中李生『「孤独」が男を変える』

「孤独」が男を変える


発売2か月で3万8000部を突破した本作。
著者はベストセラー作家の里中李生さんです。


この本では・・・
男は孤独であるべきであり
孤独のなかでしか男は磨かれない
・・・とハードボイルドな主張がなされています。


クリパでサンタさんの衣装を着て浮かれていても
なにひとつ男は磨かれないのです。


参考までに読者の反響の一部を紹介しましょう。

「人の事を気にしすぎて動けなくなっていた自分を
見直すきっかけをくれた本です。
『独り』と『社会』での自分を磨き上げていきたいです」
(宮城県・27歳男性)

「いろんな自己啓発の本がありますが、
“男”として、純粋に頑張れる気持ちになれる本です」
(佐賀県・46歳男性)

「男として見直さなければならない部分がいくつもありました。
人生には『孤独』が大事だということを身にしみました。
この本に出逢えたのは、
自分を変えるチャンスだと思いました。ありがとうございました」
(神奈川県・18歳男性)


クリスマスに孤独を噛みしめている
僕や君や彼らにとって
本書『「孤独」が男を変える』は
最高にしびれる1冊であることを保証しよう。


孤独に乾杯。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


▼過去の紹介記事はこちら↓

伝説のロックバンドから考察する「男の孤独」論
http://forestpub.com/archives/52179277.html

【発売10日で3万部突破!】
「孤独」にならないと「自由」は得られない

http://forestpub.com/archives/52177478.html

【半年ぶりの衝撃作!】
あのベストセラー作家のタイトル決定の舞台裏
http://forestpub.com/archives/52175071.html






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








ブレイン・ジャック